ネトウヨ風味のヌルオタ、緑城雄山のチラシの裏

尖閣諸島ビデオ、非公開の密約

仙谷長官、中国と「ビデオ非公開」の密約を結んでいた

最初、「何の陰謀論だ。ソースは何処だよ。ハハハ」と笑い飛ばしそうになったが、
ソースが毎日なのを確認して仰天。

なるほど、非公開の密約があったから流出に対して
仙谷は発狂したかのように激怒したわけか。

毎日がどういうソースを以って裏を取ったかは疑問なんだが、
スレにあるような外務省リークだとしたら裏としては十分かもしれない。
それにしても、非公開のビデオのみならず密約までがこうして明らかに
なってしまう現状には何か薄ら寒いものを覚えてしまうのだが。


それにしても、密約の見返りが何だったのかはやはり気になるわけで。

235 : イヨクマン(関東・甲信越):2010/11/12(金) 09:42:12.53 ID:nKcsFKofO
この密約の見返りに具体的に何を得たのか知りたいね

435 : アッキー(関西地方):2010/11/12(金) 10:06:22.75 ID:ISeBoQLh0
おまえらフジタの社員がなぜ無事釈放されたのかわかってないみたいだな
これは苦渋の選択なんだよ

501 : ごめん えきお君(岐阜県):2010/11/12(金) 10:14:24.07 ID:7WL3Zn3m0
>>435
いやいやいや。
なんでフジタ社員と非公開を交換条件にされてんだよ?そっからしておかしいんだって。

468 : Mr.メントス(チベット自治区):2010/11/12(金) 10:10:23.13 ID:qNzKkg8Q0
>「衝突事件のビデオ映像を公開しない」
>「仲井真弘多(沖縄県)知事の尖閣諸島視察を中止してもらいたい」


この2条件の上「船長無罪放免」の熨斗までつけて平伏したんだぜ

それの返礼が「レアアース禁輸」「ガス田掘削」etc.ありがたやありがたや

>435が言うようにフジタ社員が解放されたのが対価だったのか。
しかしそれはそれで、>501が言うようにおかしな話と言うしかない。

それでもまぁ、対価があるならまだいい方で、具体的な対価もなしに
ただ唯々諾々と中国側の言い分を呑んだのが今回の密約であるような気がしてならない。

  

スポンサーサイト

何様だよ、中国は!

中国の驕慢は今に始まったことではないけれども、
久々に「何様だよ!」と思わされたので筆を執ってみる。

しかし一方で、こんな要請をさせるだけの土壌を作ってきたのが
これまでの日本の外交であり、このような外交は我々自身の力で
変えていかねばならないということは肝に銘じておく必要があるだろう。


もう一つ読み取れることがあるとすれば、中国はこの劉氏の
ノーベル平和賞受賞に危機感を感じているからこそ、
様々な手法で圧力を用いて、受賞の権威を貶めようとしていること。
半世紀もの間、弾圧と覇権主義で国家運営を行ってきた中国にとっては
国際社会から逆風を受けたも同然であり、私としてはこの流れは歓迎したい
(その流れが北京五輪や上海万博の前から大きくなって欲しかったものだが、
それは今更言っても詮無いことであろう)。


とりあえず、前原外相においては「適切に」在ノルウェー日本大使を
授賞式に出席させて頂きたい。

------------------------------------------------------------------------------

平和賞授賞式 日本に欠席要請
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1401602&media_id=2

 前原誠司外相は9日の衆院予算委員会で、来月ノルウェーで行われる中国の民主活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞授賞式について「(中国側から)授賞式に日本政府関係者の出席を控えるよう求める旨の申し入れがあった」と明らかにした。要請は東京とノルウェーの外交ルートを通じてあったという。前原氏は「在ノルウェー日本大使の出席については適切に対応したい」と述べた。

 菅直人首相は大使出席について「平和賞は大変普遍的な価値を大事にした賞なので検討いただきたい」と述べた上で「(劉氏は)拘束を解かれて釈放されるのが望ましいと今も考えている」と改めて強調した。みんなの党の柿沢未途氏への答弁。

  

報復措置? どうぞどうぞ

どうぞどうぞ、ガンガン報復措置に出ていただきたい。
その方が、より早くより多くの人が中国への危機感を持つだろうから。

ところでこの記事、「中国人観光客で潤う日本には大きな打撃となる」とか
書いてるけど、何を根拠にこういうことを書いているのか疑問。
そもそも日本が中国人観光客で潤っているのかが疑問だし、
仮に潤っているにしても日本にはそれしかないような書き方は
メディアとしてどうなのかと思わざるを得ない。

---------------------------------------------------------------------------

■中国、多方面で日本への報復検討…尖閣衝突
(読売新聞 - 09月20日 20:53)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1348361&media_id=20

 【北京=佐伯聡士】尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖の日本領海内で起きた中国漁船衝突事件で、逮捕された中国人船長の拘置延長が決まったことを受けて、中国の胡錦濤政権は、経済、軍事、外交の各分野で具体的な対日報復措置の検討に乗り出した。

 船長の釈放が実現するまで、タイミングをはかりながら、報復措置を次々に打ち出し、「対日圧力」を強めていく方針だ。

 関係筋によると、胡政権は9月中旬に内部の対日工作会議を開いた。その場では、事件の長期化に備えて、経済、軍事、外交の各方面での報復措置が選択肢として挙がったという。

 経済面では、旅行社の訪日ツアー自粛、国家観光局による訪日渡航自粛勧告などが検討されている。いずれも、事件発生当時、国土交通相として海上保安庁を主管し、中国で「対中強硬派」とされる前原外相に対する圧力強化を狙ったものとみられる。実施されれば、中国人観光客で潤う日本には大きな打撃となる。


  

トヨタのデザインコンテストにフリーチベット車が!

9台の「フリーチベット車」!投票しる!

何がなんだかよくわかっていないのだがっ!

どうやらトヨタ主催でレーシングカーのペイントコンテストが行われていて、
その中に痛車ならぬチベ車がエントリーされているらしい。

ぶっちゃけ、どーゆーシステムになってるのか把握してないんだがっ!

トヨタのペイントコンテストのセミファイナルがスタート
既にお知らせしていた車全てにまた投票出来る上に!フリーチベット車が9台に増殖?した模様!
これは投票するしかねーべ!?

DARAI'S DREAM号!
http://www.sponsafier.com/share/356094

FREE TIBET号!
http://www.sponsafier.com/share/362361
http://www.sponsafier.com/share/364595
http://www.sponsafier.com/share/370597


FREE TIBET 1号!
http://www.sponsafier.com/share/365658
FREE TIBET 2号!
http://www.sponsafier.com/share/365662


I LOVE TIBET号!
http://www.sponsafier.com/share/362097
http://www.sponsafier.com/share/362062
LOVE TIBET号!
http://www.sponsafier.com/share/364752


現時点で何と!総合10位内にチベット関連が5台入っているという快挙!
DARAI'S DREAM号は総合3位!

みんな~オラに力を分けてくれ!
投票しる!

なお、個人的にはメッセージ色の強いこの車も好きだったりする。


とりあえず、チベット問題に関心のある人は
1日1回いいと思うデザインの車に投票することをお勧めする次第。

私はこの車がスタイリッシュでいい感じではないかと思う。

  

日中交流停止? ウェルカムッ!!

日中交流停止 中国外務省が表明

今はまだ政府や省庁レベルだけらしいが、どうせなら民間レベルでも停止して、
ますます険悪な雰囲気を醸し出して欲しいなぁと考えてしまう。
そのぐらいにならないと、日本の平和ボケは治らないし、
物の製造を中国に依存している状態も改善されないと思うんだよね。

菅内閣には期待できそうにないことであるけれども、
願わくばこれを機会に、日本が中国に対して堂々と
「ならぬものはならぬ」と主張できる国に変わって言って欲しいと切に願う。

  

【7・4】 7・5ウルムチ虐殺一周年抗議デモ

そう言えば、ウイグル料理で思い出したのだが、
日本ウイグル協会様が昨年のウルムチ事件から1年を迎えるにあたり、
中国への抗議デモを行うとのこと。


2010年7月4日(日)「7・5ウルムチ虐殺一周年抗議デモ」


「7・5ウルムチ虐殺一周年抗議デモ」案内 ※2010年6月25日更新

[集合場所] 常盤橋公園 (地図)
※地下鉄半蔵門線三越前駅から徒歩2分、大手町駅から徒歩4分、銀座線三越前駅から徒歩5分、JR東京駅から徒歩6分

[日時] 平成22年7月4日(日) 集合開始 15:30
出発 16:00 解散 17:00

[コース予定] 常盤橋公園→八重洲中央口前→数寄屋橋→日航ホテル前右→日比谷公園解散

[主催] 特定非営利活動法人「日本ウイグル協会」 代表 イリハム・マハムティ
※お問合わせ HP:http://uyghur-j.org E-MAIL:info@uyghur-j.org

[協賛団体] チベット問題を考える会、モンゴル自由連盟党、内モンゴル人民党、台湾研究フォーラム、在日台湾人アジア人権問題研究会

※人手が足りません!デモ当日のボランティアスタッフ募集中です!
旗や、プラカードの準備、デモの整列、チラシ配りなどの手伝いが出来る方。大旗を持っていただける方。 14時に常盤橋公園に集合して作業を開始しますのでどうかよろしくお願いいたします。

※東トルキスタンの旗をイメージした水色の服やタオルなどを身に着けての参加を歓迎します。
※デモ行進で揚げる旗については、7・5ウルムチ事件に対して中国政府に抗議する立場であれば、どの民族支援の旗も、どの団体組織の旗でもご自由にお持ちください。
※当日は体調や天候に注意してご参加ください。沿道での見学、応援も歓迎します。
※マスコミなどに撮影されると個人的に問題がある方はマスクなどで顔を隠してご参加ください。
※デモ行進中に、何か問題が発生した場合はデモスタッフか警備の警察にすぐに連絡してください。

[禁止事項]
平和的な抗議行動です。ウイグル人のために過激な行動は起こさないようお願いいたします。
※警察やマスコミへの挑発行為。
※沿道の見学者や中国人観光客などへの挑発行為。
※拡声器を持ち込んでの勝手なシュプレヒコール。
※選挙期間中のため、日本の政党や政治家、または候補者に関するプラカードの持参やシュプレヒコール。


  

緊急シンポジウム ウイグルで何が起きているのか?

直前どころか当日の告知になってしまったんだけれど、
日本ウイグル協会様が下記シンポジウムを行うのでこの場でも告知。

今回のウイグルでの事件はニュースにもなったけれど、
そのニュースでは扱われていない事件への背景などについて
触れることが出来る機会なので、関心のある方は奮って御参加頂きたい。

緊急シンポジウム ウイグルで何が起きているのか?

【日時】
7月26日(日)
開場18:15 開会18:45

【場所】
国立オリンピック記念青少年総合センター
センター棟4Fセミナーホール(417)
※交通案内

【資料代】
2千円

【主催】
日本ウイグル協会 イリハム・マハムティ



2009年6月26日、中国広東省の玩具工場で6000人の漢人が200人のウイグル人労働者を襲撃する事件が起こりました。事件の現場では、警察が5時間以上虐殺行為を放置し、中国政府は事件をまったく報道しようとせず、犯罪者を逮捕しようとも事件を究明しようともしませんでした。世界中のウイグル人がその虐殺事件を知ったのはインターネットにあげられた事件の動画や掲示板への書き込みで、それは事件に関わった中国人たちが「ウイグル人を殺してやった」と喜び自慢する、あまりにも残酷な内容でした。

その事件に抗議するために7月5日、中国ウイグル地域ウルムチのウイグル人大学生が中国政府に抗議するデモを行い、多くのウイグル人がそれに賛同しました。しかし、中国政府は平和的な抗議デモを武力鎮圧し、電話、インターネット、報道、全ての情報を規制。ウルムチでそして他のウイグル地域で何が起きているのか分からない状況が現在も続いています。たくさんの死者、逮捕者、強制連行されたウイグル人たちの安否は分からない状況です。それだけではなくウイグル地域や中国全土に住むウイグル人が安全に生活できているのかどうか、確認するのは難しい状態です。

中国政府は漢民族が被害者であり、ウイグル人は暴徒だ、テロリストだと嘘の情報を世界に伝えています。私たちは中国政府が行ってきた大量虐殺と人権弾圧の歴史について知っています。何故ここまで悲惨な事件が中国によって繰り返されなくてはいけないのか? 私たちは現在入っている今回の事件の情報を中心に、真実を世界に伝えるためにシンポジウムを行います。



パネリスト

イリハム・マハムティ
世界ウイグル会議日本全権代表 日本ウイグル協会会長

ペマ・ギャルポ
チベット文化研究所所長

石平
評論家

永山英樹
台湾研究フォーラム会長

青山繁晴
独立総合研究所代表取締役社長

西村幸祐
ジャーナリスト、チャンネル桜キャスター



今、我々にとって一番心配することはこれからなんです。たくさんの若い者らが逮捕されて彼らの運命はどうなるか? これからウイグル地域でのウイグル人への弾圧は一層、厳しくなるのは間違いないです。

弾圧するためのいろんな口実を中国が作っています。それは何かというと「今回の事件を計画して実行した主な犯人はまだ逮捕されていない」。これはもちろん口実を作ったもので、これでその人の情報を得ているとか、誰々がその人と関係があるとか、そういう理由でこれからたくさんの人が刑務所に入ってしまう。殺される。

実はそういう逃げた人がいるかどうかが問題なんです。私たちの考えではそういう人はいないです。何故ならウルムチ全域、その日その夜、全面的にコントロールした中国政府はそんな一人二人を逃げさせるわけはないです。その夜に殺されて遺体を隠され、この世の中にいない人間を探すという運動をやってたくさんの人々を逮捕する。刑務所に入れる。これからたくさんの人が被害に会うとおもいます。

死ぬ人がこれから出るんです。ですから、今までこの件に関心を持たなかった全ての国の国際的な組織とか、いろんな宗教の団体とか、それから全ての民主主義の国々の国会とか、その国を代表する議員たちらがこの件に対してはっきりと意見を出して、そのウイグル人らの命を助けてもらいたいです。

もしそういう組織、あるいは議員、あるいはそういういろんな団体と関係がある方がいらっしゃったらぜひこのことをアピールしてくれて、たくさんのウイグル人の命を助けてもらえれば大変ありがたいです。ウイグル人はみなさんが助けてくれたこと、やってくれたこと、絶対に忘れません。どうかみなさんよろしくお願いします。

イリハム・マハムティ(ネットラジオ番組 RFUJラジオフリーウイグルジャパンより)


  

チベット問題解決へのロードマップ (4)

長々と書いてきたけれど、この(4)を最後としたい。


(1)から(3)までをまとめると、既にコミットしている議員の支援
新しくコミットする議員の確保多数派の形成、政権の取得
日本からの圧力強化チベット問題解決と言うのが、
現状で私の考えるロードマップである。

もちろんこれは私の試案でしかなく、漠然としたレベルでしか書いていないので
ツッコミどころも多々あるとは思うのだけれど、よりベターなロードマップが
あると言うのならば是非それをきちんと構築してシェアして頂ければ幸い。


何でここまでガチガチに政治寄りになるんだ、と思われるかもしれないが、
政治を抜きにして日本からチベット問題を解決するなどありえないと
私は考えている(なお、国連を通じて~と言うのもやはり政治であるし、
日本を変えずに国連を動かすなどと言われても私は信じる気にはなれない)。

議員の支援云々は異次元の出来事のように感じられるかもしれないし、
私もかつてはそうだったのだが、実際にやってみると難しいことではない。
普通に場の空気を読めるスキルがあるなら、懐に入り込むことも出来る。

何より、世論を喚起するのならば早かれ遅かれいつかは議員と言う存在と
関わることになるんだけれど、その時に某問題のように自分達の集会に
議員を呼びつける一方で議員の活動には協力しないと言う態度を取って欲しくない。
これはその関係者から聞いた話なのだけれど、そうした態度のせいで
その問題は地方議員からの受けがよろしくないそうだ。


現状はとにかく問題を周知することに力が入っていると思われるが、
周知したその先をどうするか、と言うことは考えておいて然るべきだろう
(あと、問題が周知されたら政治が勝手に解決に向けて進むわけでは
ないことをあわせて覚えておくべきだろう)。


  

チベット問題解決へのロードマップ (3)

(2)において、現状で必要な短期的目標は
既にチベット問題にコミットしている議員を支援し、その議席を守る
こと。
将来必要になる長期的目標はチベット問題に関心を持つ議員を増やし、
コミットさせていくこと
とまとめた。

(3)においては、それらの目標を達成するために必要な手段について考えていきたい。


既にコミットしている議員を支援する手段としては、以下の手段が考えられる。

・支援するべき議員が地元にいれば、投票する。
・支援するべき議員の選挙活動をボランティアで応援する。.
・支援するべき議員の選挙区に住んでいる仲間・友人・知人を
 その後援会に紹介する。


1番目は地元でなければ出来ないことではあるが、
2番目については近隣であれば地元でなくても歓迎されるし、
3番目に至っては自分の住所は関係なく行える。

候補を含めて地方議員の選挙活動をわずかながらだが
手伝ったことがある身としては、直接の投票は言うまでも無く、
選挙活動の応援や地元の有権者の紹介を本人は非常に有難いと
感じることが多いようで、(本人の素質にもよるとは思うが)非常に感謝されている。

特に3番目は自分の住所は問わないので、支援するべき政治家に投票したり、
選挙活動に協力することが直接出来なかったとしても、
運動で知り合った仲間とか親戚とかがそこに住んでいれば、
事務所からも紹介をもらったと言うことでアプローチしやすくなるため、
かなり有効な間接的アシストであると言える。


次は長期的目標を達成のための手段について考察するが、大前提として
既にコミットしている議員に対してこのような支援体制を構築して、
短期的目標を安定してクリアできている状況の達成は必須となる。
既にコミットしている議員を支援する体制さえ構築できていない状態で
新しくコミットする議員を獲得するのは、コミットしようと言う議員からすれば
不安に感じるだろうし、仮にコミットしたとしても議席を失ってしまえば
元の木阿弥にしかならない。

ともあれ、チベット問題に関心を持つ議員を増やしコミットさせていく
手段としては、以下のものが考えられる。

・請願や陳情を通じてロビイングをかける。
・地元の議員に接近して問題を訴える。
・問題を周知させて世論を巻き起こす。


このうち、デモやらイベントやらを熱心にやっている人が狙っているのは
最後の世論を巻き起こすことなんだろうと思うし、私もかつてはそれを狙っていた。
ただ、フリーチベットの世論など早々巻き起こるものではないし、
巻き起こったところでその後に繋がるかと言えば私は非常に怪しいとさえ思っている。

まず、世論がそうそう巻き起こるものではないと言う点についてだが、
ぶっちゃけて言ってしまえば世の中の人はフリーチベットどころではないと言うのがある。
ここでの詳述は避けるが、生活がどんどん不安定になっていく以上、
その不安が解消されないことにはフリーチベットへの関心は生まれない。
また、仮に幸運にもそのような世論が巻き起こったとしても、その世論を
どのように作用させるかと言うビジョンが存在しているとは(少なくとも私は)思えない。

なお、1番目については名も無き市民の会でもやっていることであり、
問題解決の声があることを認識させて、国会の雰囲気を少しずつでも
変えていくことを目的としている。

2番目については、地元の議員や候補の後援会に入ったりして
関係を作ってからその中で問題意識を持ってもらうように
働きかけると言うものである。
選挙活動を手伝ったりしてみるのも有効であろう。


短期的目標が安定してクリアできるようになった上で、
こうしたアクションが積み重なっていくと、長期的目標の達成も視野に入ってくる。


(4)に続く。

  

チベット問題解決へのロードマップ (2)

間が空いてしまったが、前の記事からの続き。


さて、(1)の最後で、「日本から中国に外交的圧力を
かけられるような状況を作っていかなくてはならない。」と書いた。
では、それが具体的にどのような状況を指すのかと言えば、
日本の政権が毅然として中国に制裁措置を含めた抗議を行えると言うのが
一つの理想形になる。

そのような政権を生み出すには当然ながら国会議員の大半が中国に対し
毅然とした態度を取ると言う考え方を持たなければならない。
夢物語を言うな、と思われるであろうが、中国による弾圧を止めさせようと思うなら
現実的な問題として必要な状況であり、昨年の長野や早稲田、奈良の件を
知っている人は現状がこれと真逆であることは少なからず気付いているだろう。


理想と現状がほぼ真逆である原因は何処にあるかと言えば、
中国に対して毅然として対応できる政治家がごく少数派であることに尽きる。
中国および中国周辺地域における人権弾圧問題等の解決に向けて、
日本国政府からの働きかけを強化するよう求める請願
の紹介でさえ、
保守系と言われる議員20人ほどに依頼してみてもほとんど断られるか
曖昧な対応のまま引き延ばされてしまっているのが現状なのである
(もっとも、名も無き市民の会が議員と関係が薄いから、あるいは
新興団体のため怪訝に思われたからと言う理由も考えられる)。

そんなわけで、中国に対して毅然とした態度を取れる政治家を
増やしていくのが今後必要になってくるわけだけれども、
現状としては既に毅然とした対応に出るべしと訴えている政治家を
守ることも出来てはいない


ありていな話を言えば、チベット問題は票にはならない
(一般市民は生活とか景気とかの方が大切であり、だからこそ2007年の
参議院選挙で「生活が一番」のスローガンを掲げた民主党が大勝したのである)。
つまり、議員にとっては関わるモチベーションを感じない問題なのである
(既にこの問題に声をあげている議員は、敢えて問題ある表現をするならば
ある意味奇特な人達だと認識した方がいい)。

ましてやその「奇特な人達」が選挙で落選したりすると
「ああやっぱりチベット問題は鬼門なんだな」とさえ認識されかねない。
逆に、こう言う議員が安定して議席を確保していれば、議員の方も
「チベット問題の解決は国民の声なんだな」と、もっと身もふたもない言い方を
するならば「チベット問題は票になるんだな」と認識して、関心を持つ可能性もある。


端的にまとめるならば、現状で必要な短期的目標は
既にチベット問題にコミットしている議員を支援し、その議席を守る
こと。
将来必要になる長期的目標はチベット問題に関心を持つ議員を増やし、
コミットさせていくこと
となるのである。


(3)に続く。

  

プロフィール

緑城雄山

  • Author:緑城雄山
  • 【概略】
    36歳、男。
    趣味はTRPG他ゲーム。

    市民団体「名も無き市民の会」幹事

    【性格】
    気まぐれな自由人。

    【Twitter】
    @midorinojou

    【MSN】
    invincible_ro@hotmail.com

    【mixi】
    id=275239
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
トラックバックリスト
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2ランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに参戦。
クリックの御協力を!
RSSフィード
QRコード
QRコード
blogranKing.net
ブログ内検索
あし@
gremz
星が見える名言集100
アゲハ時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
金魚♪
??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??