ネトウヨ風味のヌルオタ、緑城雄山のチラシの裏

若宮健「なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか」(祥伝社新書)、読了

著者の若宮健氏はパチンコ依存の問題について声をあげる中で、
韓国においてパチンコが禁止されたのを最初にリポートされた作家である。

かつて私が幹事を務める「名も無き市民の会」で
パチンコ店における出玉の換金行為を取り締まり、
かかる行為を完全に違法化するよう求める請願
として国会請願運動を
行っていた際に、氏が著書を献本して下さったと言う経緯がある。

そして、氏がこの本を出すにあたって会の幹事の一人である
藤原さんに取材を行っていることを聞いていたこともあって、
発刊を楽しみにしていたこともあり、早速購入・読了。
斜め読み気味ではあるがまずは一読したので、大まかな概要を紹介しつつ
感想などを記していきたい。



まず、本書は3つの章から構成されている。

一章 なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか
二章 なぜパチンコは、廃止されねばならないのか
三章 なぜ日本は、パチンコを廃止できないのか



一章では2006年にメダルチギ(パチンコ)を完全にした
韓国の状況について、日本の状況と丁寧に対比しながら紹介している。
韓国ではメダルチギの悪影響が日本以上の参上をもたらしていたが、
ノムヒョン大統領の甥や側近が関連した贈収賄事件をきっかけに、
マスコミや世論がパチンコ糾弾に傾き、機体押収と言う形で
パチンコが全面的に廃止されるようになったと言う。

驚かされたのは、当時の首相がメダルチギの氾濫に対して
「射幸性の高いゲーム機が全国に拡大し、庶民の生活と経済に深刻な被害を
もたらした。深くお詫びする」と、お詫びの談話を出したと言うことだ。
自らの失政に対してこうも潔く詫びることは、民主党か自民党かを問わず
日本の政治家にはまず真似することは不可能だろう。

ネトウヨ連中は韓国を馬鹿にするきらいがあるが、
少なくともパチンコを巡る政治やマスコミの対応に関しては
韓国の方が日本よりもはるかにまともと言うのが現実であるようだ。


二章では、パチンコ店アルバイトの芸人ウェルダン穂積氏への取材と
若宮氏に寄せられたメールを中心に、パチンコが社会に如何なる惨状を
もたらしているかを明らかにしている。

パチンコ店アルバイトの視点から描き出される店内の惨状は、
客として入ったことがない私の想像をはるかに超えて悲惨なものであった。
負けても負けてもパチンコを打ちに来る客。そんな客を見ていながらも
自らもパチンコにはまって依存症になる店員。穂積氏も例外ではなかったと言う。

余談になるが、ウェルダン穂積と聞いてどこかで聞き覚えがあるなと思ったら、
アキバのリアルシャアの人かー!!
当然ながら、穂積氏本人も自らのブログでこの本のことに触れているので、
そちらも興味があればどうぞ。


三章では、政治的な側面を中心に、日本でパチンコが廃止されない
事情について述べている。
この章の最初、P146~P148「反響が大きかった国会請願運動」において、
名も無き市民の会で行った国会請願について触れて下さっている。
国会請願について、その手続きの流れや請願の持つ意味などについて、
根気強く粘り強く進めていくしかない時間のかかるものであることも含めて、
簡潔ではあるが充分な記述がなされている。

その後の項で若宮氏は、しかし、としていわゆるパチンコ議員の存在や
パチンコの問題を取り上げることのないマスメディアについて触れていく。
中でも、「パチンコ支援プロジェクト」と若宮氏が評した
「民主党新時代娯楽産業健全育成プロジェクトチーム」の
活動目的があまりにもパチンコを野放しにするような酷いもとであることと、
業界擁護の国会質問を行った議員が後に農水大臣となっていること
(本書中では触れられていないが、山田正彦農水大臣(当時)は宮崎での口蹄疫に
対応するにあたり、県民の生活を人質にとって民間種牛の処分を県側に強要している)の
2点は、私にとって衝撃的な事実であった。



パチンコが抱える害悪について、また、パチンコを取り巻く事情について、
わかりやすく示されている一冊であり、パチンコの問題に取り組む上で
必須の著であると言えよう。
パチンコを何とかしたいと言う問題意識をお持ちの方はもちろん、
パチンコの何がいけないの?と言う方にも、ぜひ一読して頂きたいと思う。

ちなみに、作中で紹介された名も無き市民の会の国会請願については、
趣旨を修正して、署名の募集を再開する準備を進めているところである。
準備が整い次第募集再開の旨を告知する予定でいるので、
その時をどうぞ期待してお待ち頂きたい。

  

スポンサーサイト

誰も書けなかった国会議員の話



川田龍平参議院議員と言えば薬害エイズ裁判の原告として有名だが、
その一方で名も無き市民の会の請願の紹介議員でもあったりする。
そう言う事情もあって、大晦日の乗務の昼休みに立ち寄った本屋で見かけて購入。

国会議員の実態、また、活動の裏側など、一般人では知る由も無い部分について、
(後にみんなの党に入党しているが)無所属議員と言うしがらみの少ない立場から
遠慮なく明らかにしていて、非常に興味深い一冊。
文章も平易であるため、簡単に読み進めていける。


それだけでも国会議員のことをより理解していくには十分であるのだが、
特筆すべきは「第五章 永田町のルール」のP168「要求を実現させるひとつの道」と
P176「運動と議員相互補完の役割分担」。
いずれも運動家としては必見と言うべきことが記されているため、運動をやっていくのなら
この2項だけでも読んで、自らの目指す運動のあり方についてじっくり考えてみてもらいたい。

  

バイオレート様に萌える日々

たまには肩の力を抜いた話でもしようかと言うわけで、
バイオレート様、萌えー!


週刊少年チャンピオンで「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」と言う
作品が連載されているのだが、その中に登場する冥闘士の
天孤星ベヒーモスのバイオレートと言うキャラクターに萌えて仕方ないのである。

長身長髪ナイスバディで一途な慕情と圧倒的な力を持つと、
やたら私のツボに入って仕方ない特徴を持っているのである。
アイアコスのようにこんな強い女性をメロメロにできたらなぁ、と
思ったりするのは、果たして私だけだろうか。


獅子座のレグルスと交戦中だが、こっちはこっちでいいキャラクターだけに
どちらもあっけなく倒されたりしてほしくないなぁとか
戦いの経過はどうなるのだろうとかとか思ったりしている。

とりあえず、レグルスにはバイオレート様の冥衣をもっと剥がしてもらいたい(ぉ)

  

ミナミの帝王VS派遣(偽装請負)

前のエントリーでアニメの話をしたので、次はマンガの話もしてみる。


「ミナミの帝王」と言うマンガがある。
大阪ミナミでトイチの金貸しを営む萬田銀次郎を主役に、
「ゼニ」にまつわる様々な事件を描くマンガである。

週刊ゴラクで連載されていて、普段から毎週チェックはしているのだが、
最新シリーズのテーマが工場内派遣、いわゆる偽装請負であり、
かつて偽装請負で働いていた私としては結末がどうなるか
非常に興味深いものがある。


コミックス派の人がいるかもしれないからあまり詳細には書かないが、
現時点では(銀次郎のアドバイスを受けているものの)当事者VS会社であり、
銀次郎が本腰を入れて介入した時にどのような手段を講じるかが
今から楽しみでならない。

  

「CLAYMORE」が面白過ぎる件

部屋掃除などやらなきゃいけないことを全て放置して、
プリントアウトのためだけに入ったネットカフェで
「CLAYMORE」を全巻読破してしまう。何してんだ俺orz

ニコニコ動画で聴いたアニメ版ED「断罪の花~Guilty Sky~」が
ものすごく印象に残ってて、作品自体についても気になっていたのだが、
1巻だけ読んでネットカフェを出るつもりが不覚にも
14巻まで読みふけってしまった。


大まかな設定やキャラクター紹介などは、私が言葉を並べるより
「CLAYMORE」公式サイトを見て頂いた方がいいだろう。


「クレイモア」は組織に縛られている、妖力を使いすぎると人の心と姿を失うと
その生き様は理不尽に包まれており、それ故にストーリーにも悲哀・凄惨が漂う。
だが、むしろそこがこの作品の魅力を醸し出していると私は思う。

あと、とにかくキャラクターが立っていて魅力的なのである。
これは、「クレイモア」の面々がうら若い女性ばかりだから、と言う理由ではあるまい(^^;)
私の好きなキャラクターとして、クレア、テレサを別格として
ミリア、フローラ、ジーン辺りを挙げておきたい。


殺し殺され、と言う話なので人によっては抵抗があるかもしれないが、
そこは問題ない、と言う方にはぜひ一読をお勧めしたい。
そして、私とCLAYMORE談義なんぞして頂けると非常に嬉しい(^^;)


  


別冊宝島 ネット右翼ってどんなヤツ?

「ネット右翼」と呼ばれることもある私にとって
気になった本だったので、購入して読んでみた。


結果……70点。


ネット右翼座談会や、瀬戸氏による記事、山野車輪氏の漫画などは
大変面白く読むことが出来たし、漫画「ネット右翼な人々」も
ギャグマンガとしては楽しく読むことが出来た。

その一方で、どう見てもサヨクなライターが記事を書いていたり
(P142の「隠れサヨク(!)」なライターK氏と思われる)、
やはり左翼としか思えない外山恒一を「ネット右翼のカリスマ」とするなど、
編集者の識見を疑わざるを得ない部分には非常に不満を感じるものがある。

その両方を踏まえて、差し引いたのが70点と言う評価。


さて、この本で最も高く評価したいのは、山野車輪氏の漫画、
「頑張れネット右翼!」である。
山野氏は、ネット右翼が生まれた経緯に触れた上で、
本人自らの言葉として、ネット右翼をこう評する。

…彼らネット右翼と 呼ばれる人たちは
汚い行為やずるい行為を 最も嫌っているからさ

…私はね 彼らの正体は 「愛国」でも 「反・反日勢力」でも
…いやそもそも 右翼・左翼って ことも関係ないと 思っているんだ

ただ単に 汚い連中の汚い行為や 甘い汁を吸おうとする行為が
たたかれているだけ なんじゃないかな…?

そのたたかれている連中が たたく人たちをひと括りにして
「ネット右翼」とレッテルを はっているだけ ではないかと…

この分析は見事に的を射ており、
これ以上に本質を突いた言葉はないと言っていいぐらいだ。


読む記事を選ばなければならないのが難しいところであるが、
その判断を間違えることがなければ、ネット右翼と言うものについて
(この語も、はっきりとした定義を決めてほしいものであるが)、
ある程度実情に近いところまでは把握することが出来る一冊だとは思う。

ネットカフェ難民と貧困ニッポン

地元の本屋を探し回って入手し、2日かかってようやく読了。

著者は、「NNNドキュメント ネットカフェ難民 ~漂流する貧困者たち~」の
チーフディレクター、水島宏明氏。
実は私、この番組において氏の取材を受けて出演(?)しており、
その関係でわずかながら、仮名にてこの本の方にも登場している。

その後放送された「ネットカフェ難民2 ~破壊される雇用~」と合わせて、
氏が取材を通じて見聞した「現実」が、この本には描かれている。


さて、読後の感想だが……重い、そして哀しい。
編集によってTVには映らなかった部分までが、リアルな筆致によって
描かれていることもあり、ネットカフェ難民たちの惨状が
テレビで見るよりもはるかに痛切に伝わってくる。

この本に登場している方々からすれば、私はまだ恵まれている。
学歴、家族、友人、企業福祉と言う「溜め」に守られて、
ささやかながら趣味にも金を使うことが出来ている。

私がまだのんびりとした生活をしているその同じ時に、
今日の寝床や明日の仕事を心配するような過酷な生活をしている人がいる。
しかも、この本に出ているのは氷山の一角に過ぎない。
そのことは、決して忘れてはならない、と思う。


なお、この本では氏が取材の中で触れたネットカフェ難民の方々の姿から、
「貧困」のメカニズム、そして「貧困」を生み出す国の政策やその背景など、
オールレンジな視点で「貧困」の問題について触れており、
「貧困問題」を考える上で、必須の一冊と言えよう。



ただ一点惜しむらくは、私が登場している部分において、
左派がよく言う「貧困による右傾化」と言う視点にて、
赤木氏の「希望は、戦争」と絡めて触れられていること。
氏の感想自体を否定するものではないが、どうも誤解されている気がして
すっきりしないので、いずれ機を見て「希望は、戦争」をはじめ
その周囲について論じたいと思う。


朝日新聞社の、とある雑誌

黒歴史が載ってしまった(ちゃんと口止めしておくんだった……orz)ので
具体的な誌名は出さないが、実は、朝日新聞社の某誌から取材を受けていたりする。

それが掲載されている号を読んだのだが、不覚にも泣けてきてしまった。
リアクションに困っている部分はあるのだが、記事を読んだ親しい方々が
「泣けた」と連絡をくれるのに、えもいわれぬ嬉しさと有難ささえ感じる。
なお、事実関係でささいなレベルの間違いが少々見受けられたのだが、
これは編集者が「アサヒった」結果ではなく、編集者として若葉マークとわかっている相手に
うまく状況を伝えられなかった、私の未熟なコミュニケーション能力の故であると
この場にて明言しておく。

朝日新聞を「アサヒる」と揶揄する流れに乗っている私であるが、
少なくともこの記事を含む特集については、「アサヒっている」などと言うことはない。
誌名を出せないのがもどかしい程に、いい特集なのである。


さて、私についての記事を手がけた編集者が若葉マーク、と言ったが、
別に新入社員とか異動してきたばかりだとか、そう言うことではない。
そもそも、編集者でさえないのだ。

では何かと言えば、「朝日新聞総合サービス」なる100%子会社から
派遣されてきた「庶務」
なのである。
何故、「庶務」の「派遣社員」が取材に起用されたかについてだが、
本来はやはり取材や編集に関わるような立場ではないそうだ。
派遣法上限の3年が過ぎても直接雇用されるわけではないのに、
雑用にだけ使われて終わってしまうのを心配した上司が、
業務の基幹部分に触れるチャンスを与えている、と言うことらしい。

偽装請負で何らのスキルも得られず終わってしまった私としては、
この上司の考えには大いに賛同するところである。
だからこそだろうか。本来なら不倶戴天の敵である、朝日新聞社からの取材。
それをこの上司に持ちかけられて、快く応じたのは。

しかしまぁ、正直、甘い部分があるとは言え記事を手がける能力については
今回で十分示されているだけに、派遣期間が終わって「はいさようなら」は、
大変もったいないと言う思いがする。
考え方もしっかりしているし、朝日らしからぬいい編集になりそうな気がするんだがなぁ。


なお、誌名についてどうしても知りたい方は、実際に私と面識のある方に限り、
一定の条件の下で個別に問い合わせて頂ければ拒むことなくお教えするつもりでいる。

アクメツ

終電逃して宿泊したネットカフェで一気に読了。
いやぁ、面白かった。


内容としては、現代日本を舞台に、謎の主人公「アクメツ」が
堕落して日本に害をなす政治家や官僚を
次々と殺害(悪滅)していくと言う、
言うなればポリティカルバイオレンスアクション。


こんな風に書くとエグそうな話を想像するかもしれないが、
これがまたものすごく痛快!なのである。

その理由は、まぁ、こんなところだろうか。

・悪滅されるターゲットが腐り切ってる悪党ばかり。
・「アクメツ」のノリがやたら軽い。
・所々に、いろんな意味で強烈なパロディーが用いられている。
・ターゲット以外の命は奪わない。
・ターゲットを悪滅すると同時に、アクメツも死亡する。


ん? じゃ、1人悪滅したらもう悪滅できないだろって?
当然そこをクリアするギミックは存在するが、
流石にネタバレになってしまうのでここでは出さない。
ぜひ、単行本を手にとってみて読んでもらいたい。


唯一残念なのは小泉純一郎をモデルとした総理が
志を持った政治家として描かれていることであるが、
連載開始が2002年とまだまだ奴の化けの皮が剥がれていない
時期の作品であるだけに、これは仕方のないところであろうか。

今週のSPA!

……を読んで中田英寿の引退を知る、
興味の無いことにはとことん疎い私。


それはさておき。今週購入した本当の目的はSPA!Business+、
「会社を辞めさせてもらえない恐怖」。
辞めたくても辞めさせてもらえないと言う話はちょっと前にも
ニュースにもなっていたが、今回掲載されていた事例も本当に酷い。

辞められたら会社が回らないというのは、目先の利益を重視して
採用を抑制し、代替となりうる人材を育てて来なかったのが原因であろう。
それで無ければ、自社の労働環境がブラックだと自覚していないか。
にもかかわらず、いざ辞められるとなると労働基準法どころか
人権やら道義やらさえも無視した所業に出ると言うのは
浅ましいこと極まりなし。

こう言う話は氷山の一角であろうが、それでもゴロゴロ出てきている辺り、
企業やら社会やらへの不信がますます強くなってしまう。


ま、退職問題に限らず労働環境が無残としか言えない状況であるからこそ、
「[若年自殺者急増]の謎を追う!」なんて緊急ルポが組まれるような
事態になってしまうんだろうなぁ、と思う。
自殺者増加は漠然とは知っていたが、今回のルポで挙げられた実数に呆然。
・30代の年間自殺者4606人(前年比6.3%増)
・20代の年間自殺者3409人(前年比5.0%増)

年齢別(20代~40代)自殺者数の推移を見ると、
91年を底に微増傾向で98~99年に激増。
そこから01年までは減少するが05年まで再び増加している。
ここで特に目を引くのが30代。20代と40代はまだ99年の水準と
言えなくも無いが、30代はそのレベルを振り切ってしまっている。
・20代:91年約2400人→99年約3500人→05年3409人
30代:91年約2400人→99年約3700人→05年4606人
・40代:91年約3900人→99年約5300人→05年約5200人
 (「約」と付いてる数字は誌上のグラフから概数を目算)

数字だと分かりづらいが、実際のグラフを見れば異常さは一目瞭然である。
どうしてこんなことになったのか、そしてどうなっていくのか……と言うのは、
最早、愚問でしかないだろう。


ちなみに、一番大きく表紙に書かれていた
「[こんな生活習慣で5年後10年後こんな病気に]診断」については、
ま、気を配る余力などないと諦観。
そもそも5年後10年後なんて生死でさえ定かではないのである。
プロフィール

緑城雄山

  • Author:緑城雄山
  • 【概略】
    36歳、男。
    趣味はTRPG他ゲーム。

    市民団体「名も無き市民の会」幹事

    【性格】
    気まぐれな自由人。

    【Twitter】
    @midorinojou

    【MSN】
    invincible_ro@hotmail.com

    【mixi】
    id=275239
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
トラックバックリスト
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2ランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに参戦。
クリックの御協力を!
RSSフィード
QRコード
QRコード
blogranKing.net
ブログ内検索
あし@
gremz
星が見える名言集100
アゲハ時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
金魚♪
??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??