FC2ブログ

ネトウヨ風味のヌルオタ、緑城雄山のチラシの裏

すき家ユニオン、結成!

 一昨日、首都圏青年ユニオンがすき家ユニオン結成の記者会見を行う、
 と言うわけで厚生労働省の会見室に行って来た。
 記者会見の現場と言うのは、流石にはじめてである。

 いろいろな所でニュースになったので、詳しくは書かない。
 と言うよりも、司会やってた人の代わりににわかカメラマンとなっていたので
 書くだけのネタをメモできなかった、とも言う。


 すき家最大の問題点は、店舗リニューアルによる解雇を
 当然のものとして考えている
、と言うことにつきる。
 そんなことが解雇の理由として通用するはずがないし、
 もし通用してしまうならば頑張って働いて時給が上がってきたところで
 簡単に首を切ると言う無法がまかり通ることになってしまう。


 もし、すき家で働いていて今後どうなるか不安だとか
 残業や休日出勤で割増されていない分を取り返したいなどあれば、
 アルバイト正社員問わずお気軽にユニオンまでどうぞ。
スポンサーサイト



11月7日 勉強会

 発端は赤旗日曜版の記事。
 偽装請負会社が会計検査院の是正指導により、過去2年間の
 未払い保険料数十億円を支払う結果になった、と言うもの。

 これに興味を持った組合員が記者の話を聞きたい、と言うわけで
 突発で勉強会をやると聞いたので事務所まで行ってきた。


 事務所に入ってみると、何やらお食事会モード。
 「緑城さん、300円ね」
 やばい金がないそれはマジで痛い、と怯んでいると、
 「あ、緑城さんの分は私が出しますよー」
 年下の女の子に食事を奢ってもらう駄目人間、ここにあり(苦笑)


 さて、本題の勉強会だけれど、勉強会よりは座談会と言う雰囲気。
 なるほどそう言う事情があったのか、と目から鱗。
 これは、悪徳会社と戦う上で有効なカードと言えそうだ。


 事務所から出た後は、高田馬場で2次会。
 私の分は出してもらって、またもただで飲み食いさせて頂く(笑)

11月6日 告訴行動

 相手は出版会社K。
 内容は賃金未払いについて。
 労働基準監督署に申告して是正勧告が出されたものの支払われず、
 団体交渉を行った後、支払い計画を出してきたが
 何の連絡もなく履行されなかったため悪質と判断し、
 申告を取り下げて告訴することに。

 賃金未払いとは多少違うものの、本来支払われるべきものが
 支払われないことによる苦しさと言うのは今まさに私が味わっている
 苦しみそのものであり、他人事に思えず手元の小銭をかき集めて出発。


 中央線の遅れなどもあって、予定より15分ほど遅れて監督署へ。
 担当の手がふさがっていると言うことで少し待たされる。

 告訴自体は告訴状を持ってくれば受理はするけれども、
 他に申告してきた方(20人いる!とか)の意思を確認したりしながら
 手続きを進めていく必要があるため、告訴の効力はすぐには出ないと言われ
 今日すぐに告訴を行うのは見送り、と言う結果になる。

 ただ、提出された計画通りに支払いが為されていないという状況を受けて、
 労基署の方も指導した際に出された支払い計画がどうなるか不安なので
 改めて指導してみる、とは言っていた。


 結果としては、今一つすっきりしない感じがしたが仕方ない、のだろうか。
 それにしても、20人に不払いをしておきながらまだ事業を続けたり
 人を雇ったり出来る辺りは愕然とするものがある。

カオスフレア@魔術師の杖Con

 手持ちの金は厳しいものの、3連続で赤旗まつりもどうなんだろうと思い、
 また、そろそろTRPGを遊びたくもなってきた。
 と言うわけで、今回は参加費無料と言うのに釣られて
 「魔術師の杖」コンベンションに出撃。

 関西の方が掲示板でカオスフレアのマスターをやると予告しており、
 ルールブックがあればあるだけキャラメイクの自由度が上がると書いてあったので
 引越し荷物からルールブックを引っ張り出して持参。

 私を含めて6人が参加希望する中、じゃんけんで勝ち残り参加決定。
 GMの了承を取ってないのでシナリオ自体については伏せるとして、
 災厄系プロミネンスをうまく使ってシナリオのギミックを作り上げているのと
 戦闘バランスがカツカツになるよう巧くデータを調整しているのが非常に印象に残った。

 私は、富嶽ミームの光翼騎士と言うことで<※瞳術>使いを遊んできた。
 <※瞳術>はやっぱカッコいいね。いくら回避値上げるためとは言え
 忍者がホプライトシールド持つのはどうかと言う気はするけど(笑)
 負けロールも勝ちロールも堪能w

 TRPG遊ぶのは久々だったけど、やっぱ楽しいわー、と実感。
 月末の大宇宙OFFもこんな感じで楽しめるといいなぁ。

涙腺、まこと緩うなり申した

 最近、妙に涙もろくなってきていていけない。

 キャバリエと別れ、見送った時。
 偽装請負でのことを思い返した朝。

 そして、生活保護申請を断られ最後の10円玉で共産党に電話し、
 危ういところを助けられたと言う過去の赤旗の記事を読んだ時。

 第五福竜丸で被曝して亡くなった久保山無線長の、
 無念の言葉を目にした時。


 涙が、自然と溢れてきた。


 ついこの間まで、こんなに泣くようなことはなかったのに、
 一体、私の中の何が変わったんだろうか?

赤旗まつり:後編

 4日は、交通費はもらってはいないのだけれど、
 3日の雰囲気が楽しかったのでついつい来てみた。

 ユニオンのブースを通りがかった市田議員と握手や記念撮影をしてみたり、
 小銭だけだけど募金箱にお金を入れてみたりした。

 あとはユニオンのメンバーで集まって雑談。
 その後、第五福竜丸を見たり、物産展を巡ったり。
 いいものはたくさんあるんだが、やはり金欠のために涙を呑んで見送り。
 せめて偽装請負が真っ当に団体交渉に応じるなりしていれば
 こんなに悔しい思いはしなかったであろうものを……。
 次の赤旗まつりまでにはお金を貯めて、いろいろ買い物が出来るようになっていたいと思う。
 そしてそのまま新木場駅へ。


 赤旗まつりは、ガチガチに運動のための祭、と言うイメージを持っていたが
 実際に参加してみると、普通の祭とそんなに変わらないな、と言う感じだった。
 選挙活動みたいなのとか署名活動とかはあったりするけれども、
 そこいらでビニールシートを敷いて酒盛りをしていたりする。 
 こういう雰囲気は嫌いではないし、何より楽しい。

 この祭の利益は党の資金になるらしいが、
 わけのわからんパーティーなんかを開いて政治資金にしているような政党よりは
 よほど健全な資金の集め方なのではなかろうか、そう感じた。

 次に開催される時も、ぜひ参加したい。

赤旗まつり:中編

 「「仕事」しゃべり場」が終わって、ユニオンのテントに行く。
 ユニオン以外でもそうなのだが、テントの後ろで宴会みたいな感じで飲み食いしている。
 事前に想像していたイメージとのギャップに驚きつつも、
 そこでいろいろとご馳走になる。


 そのあとは、「ビームライフル」と言うのに興味を惹かれて見に行ったり、
 登れもしないくせにフリークライミングなんかやってみた。
 「ビームライフル」と聞いて、ガンダム風の片手で持って動き回る相手に当てるものを
 想像した
のであるが、それは見事に裏切られた(苦笑)
 そんな想像をする方に問題がある、と言う突っ込みはさておくw


 あとは、物産展をぶらぶらしてみたりもした。
 いろいろ興味を惹かれるものはあるけれど、金欠のため節約……のはずが、
 気がつけば豚丼やらホタテのバター焼きやら鮎の塩焼きやらを食べていた。

 緑城雄山は、節約の出来ぬ男よ

 まあ、鮎の塩焼きについてはわけがある。
 熊本に川辺川と言う川があり、鮎が棲む清流なのだが、
 ここにダムが建設されようとしている。
 ダムが一度建設されてしまえば、鮎のみならず近辺に生きる
 生物へのダメージは計り知れない。
 熊本を故郷とする者として、そんなことは放っておけない。
 塩焼きを出している出店はダム建設反対を訴えていたため、
 せめてもの支援になれば、と買ったというわけだ。

赤旗まつり:前編

 3日、4日と赤旗まつりに行ってきた。
 本来なら行けるだけの財力はなかったのだけれど、
 前日にユニオン専従の人からお誘いを受けて、
 交通費はその人の奢り、チケットは余裕が出来た時の後払いでいいと言われて
 その辺りの負担がなくなったので、興味ある部分もあり行ってみた。


 今回一番関心があったのは、3日の「「仕事」しゃべり場」。
 偽装請負のことについて話そう、と朝までは思っていた。
 それで、話をするなら内容を整理しないと……と、
 今までのことを思い返すと、嗚咽が止まらなくなった。

 ひとしきり泣いて、コンビニで買出しもして落ち着くと
 途中池袋のネットカフェでシャワーを浴びていざ新木場へ。


 新木場駅を出て会場に向かう途中、いわゆる右翼が叫びを上げていた。
 「日本共産党を、糾弾せよー!」
 「日本共産党を、糾弾せよー!」
 「日本共産党を、糾弾せよー!」
 もうね、馬鹿かと阿呆かと。愛国者の風上にも置けない。
 共産党を糾弾すると言うことは労働環境の悪化を許し社会の活力を失わせ、
 日本の滅亡を促進するのと同義とわかっていてやってるんだろうなと
 問い詰めてやりたかったが、先を急ぐことにする。


 ネットカフェでもたついたせいで、到着したときにはすでに
 「「仕事」しゃべり場」は、はじまっていた。
 話が偽装請負に及んだところで、ユニオンの委員長がちらちらこちらを見る(笑)
 誰も話す様子もなかったので、手をあげて話しはじめた。
 予め内容を整理していなかったので、自分でも何を話したかよく覚えていない(苦笑)
 このとき話した内容自体は、11月4日と9日の赤旗に掲載されている。

 大門参議院議員のまとめのコメントに、私は強く感銘を受けた。
 メモを取り損ねたためうろ覚えなのが残念であるが、覚えている部分だけでも記しておく。

 ・仕事は楽なものではない。しかし、例え賃金などの待遇が悪くても
  人間関係がいいとかやりがいがあるとかあればやっていけるものだ。
 ・今は人を育てようという意識がなくなっていて、
  出来る人を拾ってきては使い捨てにする風潮がある。
 ・偽装請負は犯罪以外の何者でもない。
  経団連会長は「法律が厳しすぎる」とコメントしたが、
  これはどうにもならないと音を上げている証拠である。
 ・非正規雇用の問題は非正規雇用者だけの問題ではない。
  非正規雇用の不安定さが、正規雇用者の立場をも不安定にしている。
  非正規雇用と正規雇用とで分断されることなく、仲間として支えあっていこう。

11月2日 労働審判

 相手は医療関連会社K。
 内容は不当解雇について。 
 団体交渉で平行線となり埒が明かないため、
 労働審判制度を使っての解決を図ることにしたのだとか。
 この制度を使うのはユニオンでも初めてであり、それだけに勝ちたい所だと言う。


 この日、私は役所での転入手続き他に手間取って集合時関より30分ほど遅刻。
 審判はスタートしていたが、部屋が狭く弁護士と本人とユニオン専従しか
 入れないと言うわけで、外で待っているユニオンのメンバーと合流。

 1時間以上待ったところで、弁護士と本人、専従が待合室に来て
 状況を説明してくれた。

 こちら側は本人がしっかりした話し方をしていたのでそれに任せたが、
 会社側がかなり長ったらしくやっていて長引いた、とのこと。
 
 会社側の言い分としては、医療に関係するのだから高いスキルが必要であり、
 3年の経験者だから採用したのにそれに見合うものではなかった。
 改善のアドバイスをしたのにされなかったから解雇した、と言うもの。

 これに対して、実際はアドバイス云々はなく即時解雇だったし、
 スキルを見切るのに3ヶ月は短すぎやしないか、
 そもそも解雇理由さえも体を成したものではないと返したそうだ。


 復職か金銭での解決を要求していて、会社側は検討すると返してきたので
 以降は金銭で解決する際の金額を引き上げていく戦いになりそう、とのことだった。

 油断は出来ないけれど、流れとしては悪くない感じ。
 次回でいい結果が出ればいいな、と思う。
プロフィール

緑城雄山

  • Author:緑城雄山
  • 【概略】
    40歳、男。
    趣味はTRPG他ゲーム。

    市民団体「名も無き市民の会」幹事

    【性格】
    気まぐれな自由人。

    【Twitter】
    @midorinojou

    【MSN】
    invincible_ro@hotmail.com

    【mixi】
    id=275239
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2006年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
トラックバックリスト
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2ランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに参戦。
クリックの御協力を!
RSSフィード
QRコード
QRコード
blogranKing.net
ブログ内検索
あし@
gremz
星が見える名言集100
アゲハ時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
金魚♪
??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??