FC2ブログ

ネトウヨ風味のヌルオタ、緑城雄山のチラシの裏

【ネタバレ有】 戦国無双3/ねね編

戦国無双3、2人目に選ぶプレイヤーキャラクターはねね。

戦国無双でのねねは忍者で、その忍術で夫秀吉の
天下取りを助けると言う設定になっている。
2の外伝においては関ヶ原の戦いに乱入して、東軍西軍を問わず
武将ことごとくに喧嘩はダメよ!とお説教して回っているほどである。
キャラクター性能もさることながら、その明るいキャラクターのためか
ストーリーも場が和んだ感じで進むため、2以前の戦国無双においては
最も愛用しているプレイヤーキャラクターなのである。


【第1話 伊賀越え】

え? 何故に伊賀越え? と思ったが、どうやら
秀吉が家康救援のためにねねをよこしたためらしい。

服部半蔵と一緒に敵を倒していくムービーは、それなりに格好いい。
それにしても、ねね様の母性は服部半蔵も子ども扱いかwww

撃破効果を狙って、敵武将数人がたむろしているところに
突っ込んでしまったために、いきなりゲームオーバーを迎える。

それでも2回目は、普通にクリア。


【第2話 山崎の戦い】

家康を救援した後、大返ししてきた秀吉と合流したらしい。
せわしない動きだなぁ。

清正・正則・三成に「危ないと思ったら下がるんだよ」と言うも、
三者三様の理由で誰一人聞きやしないwww

何故か長宗我部元親が参戦していたが、特に危なげもなく光秀を撃破。


【第3話 賤ヶ岳の戦い】

史実の流れから言えば、順当なステージか。

利家の説得は、秀吉と一緒だったからか清正と違って力づくということはなかった。
が、忍法で門をこじ開けると言うのはいかがなものなんだろうか。


【第4話 小牧長久手の戦い】

史実の流れから言えば、やはりこれも順当なところ。

忍びだと言うのに、伊賀では一緒だったのに敵味方になったのが
嫌だと言う辺りは、さすがおねね様というところか。

戦闘の最中だと言うのに、清正・正則と三成の間を
仲裁すると言うミッションが発生したのには苦笑。

本多忠勝の猛攻に苦しみつつもどうにかクリアして、
秀吉の天下に王手がかかることになる。


【第5話 小田原討伐】

凧で小田原城に潜入しようとするも、風魔小太郎に見つかって
服部半蔵に助けられるムービー。半蔵が「影が目立つな」と言うが、
確かに、夜とは言え黄色い凧は目立ちすぎるような気がする。

相手は北条家なのだが、当主が氏政ではなく、氏康だったりする。
史実では死んでいるはずなのだが、この辺りはキャラクターを出すことが
優先されているのかもしれない。

さて、何度も秀吉や正則を倒されてゲームオーバーになってしまったため、
やむを得ず攻略サイトでステージ攻略の方法を確認することに。
そうしたら、1回で撃破効果を全部揃えてクリアできてしまった。うーん。


エンディングであるが、槍が降る、と言う慣用句はよく聞くが、
まさか弁当が降るとは思ってもみなかった。
まぁ、興味がある方は一度御覧あれ。


3人目のプレイは誰にしようかなぁ。

  

スポンサーサイト



【ネタバレ有】 戦国無双3/加藤清正編

戦国無双3

我々は、3年待ったッ!(アナベル=ガトー風に)。
いや、2の発売から何年経ったかは知らないんだけど。

当ブログのプロフィール画像やmixiのトップページに
蛇目紋長烏帽子型兜を載せていることから分かる方は分かると思うが、
緑城が戦国武将の中で最も好きな武将と言えば、加藤清正である。
これは、緑城の出身が熊本と言うことも影響している。

さて、戦国無双も3になって、ようやく待望の加藤清正がプレイヤーキャラクターになった。
それを知って常々プレイしたいと考えつつも果たせずにいたが、
ついに耐えかねてプレイ環境を整えてしまった。


【キャラクターデザイン】

年代的に若い世代になると言うこともあってか、若者風のデザインになっている。
個人的には長烏帽子兜を再現してほしかったが、ちょっと(?)違うとは言え
片鎌槍まで再現されているため、贅沢は言えないところであろう。


【第1話 賤ヶ岳の戦い】

福島正則がヤンキーすぎるwww

さて、一話目は七本槍の異名を得ることになった賤ヶ岳。
まぁ、妥当なところか。

リモコン&ヌンチャクでプレイしているせいか、
操作の違いに違和感を感じつつも、前田慶次を退けたり
前田利家を(力づくで)説得したりしてどうにかクリア。


【第2話 小牧長久手の戦い】

1話目のムービーと言い今回と言い、正則は何で前を見ないんだろうwww
ムービーの締めで清正、三成の声がハモってかっこいいのだが、
正則だけは武器でなくて木材を掲げているのが間抜けすぎる。

家康が岡崎城に帰って引き篭もってしまったために、
勝利条件が小牧山の本多忠勝を撃破になってしまったのは
かなり厳しいものがあったが、どうにかクリア。


【第3話 九州征伐】

島津の猛攻を受ける立花家を救援するべく、先鋒として参戦。
千代のキャラは2の時から分かっていたとは言え、
宗茂のキャラも何か違うんだよなぁ。功利主義者っぽい感じがする。

ともあれ、雑賀孫市や風魔小太郎、島津義弘などを退けてこれもクリア。


【第4話 石垣原の戦い】

4話目は小田原かなと思いきや、秀吉没後の関ヶ原。
史実では三成との間に朝鮮出兵での紛糾があったりするのだが、
ムービーではあくまで三成が理想主義で、清正が現実主義者であるが故に
袂を分かったとされる描き方がされている。
豊臣家を大事に思う気持ちは同様なのだが、この決別は哀しい。

ともあれ、黒田官兵衛とともに東軍として出陣。
敵将は立花千代に長宗我部元親。……ん? 元親?
史実では既に逝去しているはずだが、まぁ、プレイヤーキャラクターの
一人だから出てきたわけか。
さらに何故か戦場には正則の姿が。おい、領国の尾張から
何で関ヶ原をスルーして九州に来てるんだお前はwww

七つ石のトリックに苦しみながらも突破して、
次々と敵将を倒していくと、立花宗茂と島津義弘も出現。
伏見や大津の城を落として、関ヶ原を戦っているはずじゃないのか(--;)

危うく、島津義弘に黒田官兵衛を敗走させられそうになりつつ、
それでも辛くもクリア。


【第5話 大坂の陣】

二条城会見は成ったが、大坂の陣が勃発。
しかし、清正も逝去することなく、豊臣方として正則とともに参戦。

苦戦する清正と正則に、援軍が出現! SAKON!!
関ヶ原で討死したはずの島左近が出現。影武者徳川家康を思い出してしまった。
この戦いを見越した石田三成の置き土産、と言うのがまた泣ける演出である。

それでも、一度秀頼を死なせてしまいゲームオーバーになってしまい、
二度目のプレイでようやく無事クリア。


エンディングムービーでも、正則はまた騎乗しながらわき見www
本当に懲りないなぁ。

豊臣家が無事存続した、と言うわけで、加藤清正としては
史実以上のグッドエンディング、と言ったところだろうか。

  

【暴論】 タクシー運転手は人生の落伍者で、敗者復活戦を戦っている人達である

先日、チャンネル桜の活動に参加したら叩き出すと言ってくれた人物が
私に対して当て擦りの日記をmixiで書いているのだが、
その内容にあまりにもどうしようもない部分があるので敢えて触れてみる。

タクシー運転手とは何か?

タクシー運転手とは、人生の落伍者である。落伍した中から、敗者復活戦を戦っている人達である。
そのタクシー運転手からも、落伍した者がいる。

以降、私が如何に怠惰で下らない人間かを力説しているわけだが、
これを書いているのが現役のタクシー運転手なんだから、笑えない。

自分が参加している活動に対していろいろ書かれて怒り心頭なのだろうが、
私を貶すために、自分の職業まで巻き込んで職業差別をやっているのである。
そもそも、私を貶したければタクシー運転手を云々と言う必要はない。
一言余計な本音を漏らすのがこの人物の悪癖であり、それが祟って
かつて参加していた運動から総スカンを食らうことになったのだが、
今回のことを見るにどうも懲りてないらしい。

さらに言えば、活動に拙い部分があれば、それに対して批評が発生するのは
当然のことであり、活動を批評されたからと言って相手の人格攻撃に及ぶのは、
独善に過ぎると言うものである。
本来ならば、批評された原因を分析して活動のあり方を考え直し、
それでも不当だと思うならそれなりの論拠を持って反論するのが道理ではないか。
かつて書いたように、それさえもできない運動は「自己満足の中に没してしまうどころか
社会への害悪にさえなりうる」のである。

ちなみに私は、タクシー運転手を人生の落伍者だと思ったことは無い。
そうであれば、そもそもブログに乗務のことを書いたりしない。
むしろ、様々なタクシードライバーさんのブログを拝見してその活躍に
敬意を持ってきたし、辞めることになったとは言え職場の班長や先輩の方々には
尊敬できる方が何人もいらっしゃった。そう言う人達を、彼が言うように
「人生の落伍者である。落伍した中から、敗者復活戦を戦っている」などとは
言いたくもなければ考えたくもない。

大体、今では20代~30代でタクシー運転手になるケースも珍しくないのだが、
そうした人達に対しても人生の落伍者が敗者復活戦を戦っていると考えるなど、
非常に失礼極まりないことではないか。

さらに言えば、タクシー運転手は最終的に10人中1人しか残らないと言われるぐらい、
離職率の高い職業であるのだが、彼の言は心ならずもタクシー運転手を辞めた人達
全てに喧嘩を売っているものに他ならないのである。


それだけ自らの職業を貶めておきながら、他人のコメントを受けての
レスポンスには、いけしゃあしゃあとこんなことを書いている。

タクシー運転手というのは、人間の修業になるものです。 お客がいない時慌てない。他の車とトラブルを起こさない。お客さんとトラブルを起こさない。
私も、15年やって、ずいぶん修業させてもらいました。 議員になりたいというので、私が「修業になって、お金も貯められるよ」と、勧めたのです。 普通の人は、売上の少なさ、事故や違反などを、克服して仕事をしています。 これは、どの仕事でも同じですよね。 医療手当、失業手当で、一年暮らした奴ですから、怠け者なんです。

明らかに嘘である。彼が私に送ってきたメールでは、こんなことを書いている。

就職活動の方は、どうですか。 元気にしていますか?まあ、最後は、タクシー運転手もありますから、安心してください。 お客を砂利だと思えば、楽勝な仕事です。

果たして、自らの職業を通じて修行していると考える人間が、
「お客を砂利だと思えば、楽勝」などと書いたりするものであろうか。

タクシー運転手に転職したこと自体は後悔はしていないけれど、
その道を勧めた人物が自らの職業でもあるタクシー運転手に対して
こんな考え方を持っていたことには非常に残念な気持ちを感じざるを得ない。


そして何より、こんな人物が国士面して保守を気取っていることに嫌悪を抱くし、
彼のような人物を排除できない運動に対しては、社会的害悪であると見なして
徹底的に叩き潰すことを考えるべきなのかもしれないとも思うのである。

  

プロフィール

緑城雄山

  • Author:緑城雄山
  • 【概略】
    40歳、男。
    趣味はTRPG他ゲーム。

    市民団体「名も無き市民の会」幹事

    【性格】
    気まぐれな自由人。

    【Twitter】
    @midorinojou

    【MSN】
    invincible_ro@hotmail.com

    【mixi】
    id=275239
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2010年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
トラックバックリスト
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2ランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに参戦。
クリックの御協力を!
RSSフィード
QRコード
QRコード
blogranKing.net
ブログ内検索
あし@
gremz
星が見える名言集100
アゲハ時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
金魚♪
??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??