FC2ブログ

ネトウヨ風味のヌルオタ、緑城雄山のチラシの裏

陳情参戦記

福岡のなめ猫♪さんが、SNS-Free Japanの深夜さんと一緒に上京して
議員や省庁への陳情をやると言うので、仕事を辞めて暇なこともあって、参加してみた。


【25日】

退職後の手続きのため会社に寄った後、憲政記念館の集会へ。
1時間遅れで着いたのだが、会場は満員で扉の外まであふれており、
中に入ることができないほどであった。

集会終了後、顔見知りの人と話してみると、なめ猫♪さんと深夜さんが来てて、
これから外国人参政権について議員会館周りをやるとのことで、
スーツではないのだけれど飛び入り参加。
二手に分かれて、衆議院第一議員会館で30人近い議員会館を回ってくる。

終了後は新宿まで同行するも、クリーニングに出していたスーツを回収するため撤退。


【26日】

昨日は突然だったが、今日は本命だったのできっちりとスーツ。
スーツを着るのも、何ヶ月ぶりだろうね(--;)

さて、午前は深夜さんと第1議員会館回り。

午後は法務省・総務省への申し入れからスタート。
寝不足の上に昼食後のため眠くなってしまい、かなり朦朧としてた。すみませんm(__)m

その後、また深夜さんと組んで第1議員会館回り。
あ行から民主党議員の事務所を回っていき、時間の都合で「か」で終了。
名も無き市民の会でやっているのと違って、かなりテンポの速い陳情だった。
まぁ、わざわざ九州から出てきており、時間も限られている以上やむを得ないか。

ここでの収穫は、応対に出た議員事務所のうち、外国人参政権については
反対だとはっきり言い切る事務所もある一方で、賛成だと言う議員はいなかったこと
(まぁ、外国人参政権反対の陳情を受けるのに、馬鹿正直に賛成だと言う
事務所もあるとは思えないのだけれど)。

深夜さんが自身の落選体験を通じて地方議員(の卵)としての危機感を見せたことや
民団の構成員などにヒアリングして在日外国人自身が歓迎しておらず、
居場所を失っていると感じているなどの声を伝えたのは、
彼にしかできないであろういい陳情だったと思う。

終了後は、八重洲に移動して軽食。
その後、なめ猫♪さんのお土産購入に付き合い、出発を見送る。



なめ猫♪さんも自身のブログに今回のレポートを書いているんだけど、
その中から引用してみる(強調:緑城)。

また、民主党の議員秘書も参政権や夫婦別姓に反対、慎重なスタンスの方が少なからずいらっしゃることが確認されました。

たとえば旧民社のある議員。参政権は推進ではありますが、女性秘書の方が応対され

「受付からの電話でうちなど民社系に来られると思ってました(「教育正常化」という団体名でピンときたと)」
「参政権は地域性もあり、推進ですが。夫婦別姓は反対の立場です」
「フェミの、旧社会党の先生たちはなぜかこの問題では子供の問題をいいたがらない」
「子供の立場を強調すると効果的ですよ」
「頑張ってください」とアドバイスもいただきました。


また名前は伏せますが、ある保守系の秘書の方は「閣法になる前の段階で阻止したい」と仰ってました。

やはり人づてに話は聞いてはおりましたが、議員秘書の推進派はごく一部であるのは間違いないようです。

ただ、やはり議員となると推進が2割、反対派が1割、残りは不勉強やどちらともいえないという立場のようです。

また、鳩山首相の事務所は、「陳情は民主党本部が受け付けており、こちらでは受け取れない」などといったので、「申し入れとしてうけてほしい」と強く求め、受理されています。

詳細は改めて整理しますが、陳情活動に際し、参加者の方に趣旨を徹底したのはノー民主党や民主党粉砕で喧嘩しに行くのではないということです。

政治の世界では数をとらなければ正しい主義主張も通りません。
民主党議員、秘書の方々が口々におっしゃったのは、
「民主党粉砕とやられると若い議員たちが反感を抱いたり萎縮する」ということでした。

あくまで政策の是非を訴えたいことを強調しました。

左の陣営、とくに私の宿敵ともいえる部落解放同盟が自民党まで巻き込んで人権擁護法案推進を働きかけたことを考えれば、いまや巨大与党となった民主党を正面から敵視するやり方は得策ではないと考えています

ご異論の方もおられるかと思いますが、個人の民主党評価とはまた別次元で運動はあると考えている次第です。

陳情活動は非常にアクティブかつセンシティブなセンスが必要な行動だと実感しています。

単なるアンチではない、自らの思いを直接議員やその秘書に届けるのです。

なめ猫♪さんとはいろいろなところで考え方が合致する部分があるが、
今回は特にこの点を強調しておきたい。

ただ馬鹿みたいに「民主党解体!」と叫んでいたって仕方がないということ。
それで民主党内の少なくない慎重派を敵に回して、推進派に回られたらたまったものではない。
安直に民主党ヘイトをやるのは楽なんだけれど、本当に外国人参政権を止めたいなら
こうした慎重派やそれに近い議員をどうやって自分達に近づけるかを考える方が
有効であり得策と言うものである。

ちなみに、陳情活動に限らず、政治的な問題への活動にはアクティブかつセンシティブな
センスが要求されると思う。それは、デモなどの街頭活動も例外ではない。


最後に、なめ猫♪さん、深夜さん。
福岡からわざわざの強行軍、大変お疲れ様でした。
機会がありましたら、またいろいろお話できれば幸いです。

  

スポンサーサイト



コメント
No title
小生も同感です。

民主党の中で味方を作って行くことが大切であると思います。

鳩山首相が今国会での外国人参政権の提出を諦めたとの報道がなされましたが、連立を組む国民新党の反対があっての事のようです。

政権与党を批判するのは容易ですが、与党内に味方を多く作るという視点が、今日の保守には欠けていると思います。
2010/01/30(土) 00:57 | URL | Saxe Blue #-[ 編集]
お疲れ様です。
陳情お疲れ様でした。

最近の某デモが、過激であり、賛同できない部分が多々ある状況で、緑城さんの活動やブログを見ているとほっとする事が多くなっています。

元々「民主党粉砕」の立場でしたが、そう主張している団体のデモをみたり、緑城さんのブログを読んでいると
そればかりではなくもう少し柔軟な考えが必要なのではないかと思う今日この頃です。
2010/01/30(土) 01:31 | URL | 雪村総也 #kk4AaY6U[ 編集]
No title
>Saxe Blueさん
>鳩山首相が今国会での外国人参政権の提出を諦めたとの報道がなされましたが、連立を組む国民新党の反対があっての事のようです。

お、これは朗報ですね。
教えて頂いてありがとうございます。

>与党内に味方を多く作るという視点が、今日の保守には欠けていると思います。

そうなんですよねぇ。
ただ民主叩きに走る人がどんなに多いことか(ため息)。


>雪村総也さん

某デモよりもこちらに共感して頂けること、嬉しく思います。

柔軟さと、あと冷静さと客観性はもっと必要でしょうね。
私も、今後もこういう点を忘れることなく動き続けていきたいものです。
2010/01/31(日) 18:18 | URL | 緑城雄山 #3/2tU3w2[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

緑城雄山

  • Author:緑城雄山
  • 【概略】
    40歳、男。
    趣味はTRPG他ゲーム。

    市民団体「名も無き市民の会」幹事

    【性格】
    気まぐれな自由人。

    【Twitter】
    @midorinojou

    【MSN】
    invincible_ro@hotmail.com

    【mixi】
    id=275239
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
トラックバックリスト
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2ランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに参戦。
クリックの御協力を!
RSSフィード
QRコード
QRコード
blogranKing.net
ブログ内検索
あし@
gremz
星が見える名言集100
アゲハ時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
金魚♪
??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??