FC2ブログ

ネトウヨ風味のヌルオタ、緑城雄山のチラシの裏

県民の生活を人質にとるのが国のやり方なのか

まずは東国原知事のブログから引用。

結局

 あらゆる視点に立ち大臣に提案・要望して来たが、「とにかく、殺処分しなければ移動制限解除はしない」という農水相の一点張りは最後まで覆せなかった。

 結果、薦田氏の種雄牛が残っていれば、いつまでも移動制限並びに非常事態宣言の解除は出来ず、県民の皆様の生活や地域経済等に深刻な被害・影響が及ぶことになる。加えて、これらを拒否すれば、今後の国の復興対策支援や交付税等にも影響が懸念された。いわば移動制限解除や復興支援を人質とした農水相のやり方は姑息で卑劣だと言わざるを得ないが、「法」や「権力」を振りかざされるとやはり我々は屈せざるを得なかった。

 本当に悔しい。この国はこのままでは絶対に駄目になる。

知事のツイッターによれば、大臣は抗体検査などを一切拒否して、
民間種牛6頭の殺処分を要求してきたとのこと。
どういう理屈で拒否していたのかはツイッターで質問してみたが
(答えて頂けるといいな)、理由の説明もなしに「殺処分しろ、
さもなくば……」の一点張りのような気がしてならない。

それにしても腹立たしいのは、国(農水相)が要求を通すために
移動制限ならびに非常事態宣言の解除を人質にしたことである。
知事も指摘しているとおり、移動制限や非常事態宣言が続けば
「県民の皆様の生活や地域経済等に深刻な被害・影響が及ぶことになる」。
そしてそのような態度を国が見せている以上、「復興対策支援や交付税等にも
影響が懸念」されるのは当然のことであろう。

そもそも、移動制限解除は民間種牛を殺処分しなくても出来たはずなのだ。
再び東国原知事のブログから引用。

農水相会談

 記者の質問・・・・「16日の移動制限を解除するためには、もっとキチンとした科学的根拠が無ければ、隣県や他都道府県に理解が得られないのではないか?」そんな意味の質問だった。
 答・・・・家伝法に基づく防疫指針において、移動制限項目は、「発生の確認後速やかに規制し、その制限期間は原則として最終発生例の殺処分完了後21日間とする」、これのみである。
 つまり、最後の発生後、3週間新たな発生が無ければ、移動制限は解除出来るのである。それは、他都道府県も基本的には、この指針が基準になる。

 ただ今回、本県は国と協議して、念には念を入れるため、発生農場から3km以内はサンプル抗体検査、3km~10km圏は目視検査で安全性を確保している。まぁ、これは特例と言える。因みに、抗体検査はその専門性から国にしか出来ない。
 よって、16日予定の移動制限解除は、防疫指針に基づき、薦田氏の種牛6頭は目視検査で解除は出来るのである。ただ、その時、国が何と言うか?である。

本来なら新しい発生が無ければ解除できたけれども、特例として
念には念を入れてサンプル抗体検査&目視検査で問題が無ければ解除できると
国と取り決めていたわけである。
自らの主張を通すため、県との取り決めを反故にして、県民の生活を人質にする。
これを最悪と言わずして何と言おうか。

そもそも、今回の口蹄疫では最初から国側の対応が無責任かつ後手後手であり、
それにもかかわらず県に責任を擦り付けるような発言さえあった。
もっと県に権限と財源があれば、最初から柔軟かつ機動的な対策も行えて、
感染の拡大を抑えられた可能性は低くない。

さらに、県民のことを考えれば民間種牛は絶対に残しておくべきものである。
家畜改良事業団の種牛を失った宮崎県にとって、民間種牛の存在は
その損失を補い、ブランドの復興・維持に寄与できるものである。
それをみすみす失わせる人質として、県民の生活を人質に取る。
県民(=国民)のことをまともに考えているのならば、
こんなことを出来るはずがないのだ。


「この国はこのままでは絶対に駄目になる」と言う知事の言葉には同感である。
と言うより、既に駄目になっている、と言うべきかも知れない。
もはや、国は地方の災害に機動的に対応する能力を持ち合わせていない。
それにもかかわらず中央に集中しすぎている権限と財源を、
地方に移譲して現場レベルで有効な対応ができるようにすることこそ、
今回のような災害の被害を抑え、国民の生活を守るために必要なことであろう。

また、少なくとも私にとって政治とは国民の生活と安寧を慮り守ることであり、
そこに真っ向に喧嘩を売るような今回の国、特に農水相の対応は、
到底憤慨せずにいられるものではない。
今はまだ蟷螂の斧ではあるが、このような現状を変えていくべく、
微力ではあれども活動を行っていきたい。

---------------------------------------------------------------------------

■種牛殺処分へ、東国原知事「国の対応、最悪」
(読売新聞 - 07月17日 00:40)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1278937&media_id=20

 宮崎県高鍋町で、口蹄疫(こうていえき)対策特別措置法に基づく殺処分を拒否していた種牛農家の薦田(こもだ)長久さん(72)が16日、殺処分を受け入れたことを受け、県は17日午前10時から、種牛6頭を処分する。

 処分後、18日午前0時に高鍋町を中心にした移動・搬出制限区域や、イベントや外出の自粛を求めた非常事態宣言を解除する見通し。残る宮崎市の制限区域解除は27日午前0時を予定している。

 東国原英夫知事は薦田さんとの面会後、「県全体のための英断。心から感謝したい」とした上で、「力及ばず殺処分という結果になり、心からおわびしたい」と薦田さんに陳謝した。国の対応については「最悪。特に農水省の制度や農相にがっかりした。殺処分ありきで、論理が矛盾している」と批判した。


  

スポンサーサイト



コメント
宮崎県へエールを‥‥
横浜市(青葉区)では、宮崎県民間種牛さんの姪っ子さんが中心に、種牛救命嘆願署名活動をしていました。しかし、国は報道規制をしてきた為に、口蹄疫を知らない人が沢山いました。
今思えば、民主党が参院選に影響が出ないように報道規制だったと感じてなりません。

姪っ子さんの千穂さんは、種牛育成の説明や新聞(私は初めて見る)宮崎紙やら宮崎日日新聞・西日本新聞等を使って種牛の救命を訴えて署名活動をしていました。

横浜市‥‥ここには畜産農家が、どの位あるねか分からないまま、時間も無い中2日間の署名は、約1500名以上集まりました。
その署名現場で、協力者も沢山いましたが、説明は彼女1人です。そして彼女は支持する政党を明かしませんでしたが、これは民主党政権への嘆願でもあり、抗議的な意味があるので、民主党を支持されている方には、説明を聞いてもらえただけで感謝してると語り、署名まではお願いないと言っていました。ゆっくり話す彼女ですが 気持ち良い程、潔く徹底していました。

しばらくして参院選がありました。
私達の横浜市青葉区では、自民党現職は無し 民主党(千葉法相)そして、みんなの党では(衆議員に江田けんじさん)が力を持つ町でした‥。

→→→結果→→自民党がトップ当選で復活→→民主党(現職:法相 千葉景子さん)落選!

選挙翌日、千穂さんの所に、種牛の署名に協力してくれた人達から、メールやTEL・FAXが届いて驚いたと話していました。この横浜でも宮崎県口蹄疫への民主党政権の対策批判が多少あった様に感じた一瞬でした。


また取材に圧力があったのか?もしくは記者の方に問題があったのか?は分かりませんが‥‥横浜での新聞では公然と誤報道が流れていました。
民間の種牛がどのような牛なのかも調べずに、当然、種牛の知識もない記者なのでしょう‥と彼女は、黙って受け止めていましたね~。
ただ1度だけ‥‥某新聞社に「民間種牛の事に関して、正しい内容ですか?きちんと取材されて載せましたか?」と‥‥に穏やかな口調で連絡していました。数日後、その新聞社は、きちんと調べなきゃ書けない様な記事を載せていました。

国は国連機関の(FAO)の主席獣医官ルブロス氏の忠告「種牛の殺処分は(畜産)資源に大きな損失をもたらす‥‥慎重に対応すべきだ」との意見にも耳をかさずに、県を批判し、薬殺処分意外に繰り返えさなかった。

そして結末は弱い農家の老人へ委ねさせました。
国は、恐ろしく強大な国家権力を、弱い国民に襲い掛かる前に憲法を厳守しなくてはならないはずです。

今の高鍋の状況からすれば、まず抗体検査をした上で、判断するべきだったはずでしょうが、国は検査を拒否し続け‥‥憲法29条に抵触していると感じましたが‥‥、薦田さん宅10㌔範囲の困窮しきった農家の方達を人質に取り、種牛薬殺処分を決定させた国政は、国家権力濫用ではなかったのか?と思いながら、すっきりしない終わりを迎えました。


公平性から薬殺発言を重ねた山田大臣に。
口蹄疫災害で苦しんだ各農家が完全に再建出来、安定するまで、精神面も含め約束していただきたい。
また薦田さんは、一般牛の再建は可能であっても、種牛の再建は、かつて日本一(総理大臣賞受賞)の種牛「長久号」からの血統を経て「安平」の血統も加わった遺伝子の種牛が、昨日絶えてしまった今、公平に、どう再建を頑張れと約束されるのだろう。今回の「勝安平」「勝毛高」も奥さまの勝子さんから名前を分けて育てて来た様子に温かさを感じるが、その意味が大臣には理解出来るだろうか‥。


最後に‥‥県知事が 亡き種牛6頭の目視検査をしてくださって陰性でも救命はなりませんでした。薬殺前に6頭の採血をしています。薦田さんは所有者として抗体検査結果を知る権利があります。山田大臣は、結果を届けなくてはなりませんね。


長くなりましたが、横浜での小さな抵抗を最後に、友人として代わり報告させていただきました。

また、県の種牛の子牛が16頭程 生存の情報を聞きました。
まだ1歳なので、あと6年後に‥‥その中から1頭でも、種牛になる牛が出てくれる事に希望をつなぎます。


宮崎県 畜産復興を願っています。

‥‥東国原県知事を初め、宮崎県の方達‥‥ありがとうございました。

(よろしかったら‥‥宮崎県の方へ広く 横浜でも口蹄疫問題を応援している気持ちを伝えてもらえると嬉しいです)


2010/07/18(日) 20:45 | URL | トッキー #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

緑城雄山

  • Author:緑城雄山
  • 【概略】
    40歳、男。
    趣味はTRPG他ゲーム。

    市民団体「名も無き市民の会」幹事

    【性格】
    気まぐれな自由人。

    【Twitter】
    @midorinojou

    【MSN】
    invincible_ro@hotmail.com

    【mixi】
    id=275239
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
トラックバックリスト
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2ランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに参戦。
クリックの御協力を!
RSSフィード
QRコード
QRコード
blogranKing.net
ブログ内検索
あし@
gremz
星が見える名言集100
アゲハ時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
金魚♪
??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??