FC2ブログ

ネトウヨ風味のヌルオタ、緑城雄山のチラシの裏

団体交渉レポート:10月24日~10月末日

どこを端折っていいかわからず、長くなってしまった。
だが、私は謝らない(仮面ライダー剣ネタを今更使うのもどうか、と言う突っ込みはなしで(笑))


【10月24日 団体交渉】

 相手は不動産会社、S株式会社。
 交渉内容は元店長の解雇、給与の未払い、社会保険への未加入と
 その部下への残業代未払い、傷病手当の手続き、退職勧奨ならびに
 いやがらせ、給与のダウンについて。


 この、元店長とその部下の人は最近ほぼ皆勤と言う勢いで
 団体交渉に参加しているため、事務所で稼動している専従の組合員を除けば
 私にとっては一番顔なじみの人だったりする。

 そんなわけで彼らの話をちょこちょこ聞いてはいたのだが、
 彼らの主観が入ってるにしても「これは、酷い」と思わされるような
 内容のものであった。ワンマン社長の下ではありがち、な事例ではあるのだが。

 経緯としては、社長が元店長を就業時間を超えて詰問していたため、
 部下の人が止めに入った。
 その際に退職勧奨を受けてしまった部下の人は、休日も返上して会社のために
 頑張っていたのに、とショックを受けてうつ状態となり
 会社に行こうとすれば嘔吐してしまうほどに陥ってしまったそうだ。

 別に裁判をやっているせいか、それとも会社側の性格のせいか、
 21日の団体交渉の前にも打ち合わせを行ったりしていたし
 交渉担当者も「激しいやりとりになるかもしれません。
 みなさんのご支援を! 」と訴えかけていた。
 そのためか、当日は10名を超える参加者が池袋に集った。


 会場はレンタルスペース。
 先に到着し、上座を占拠するユニオン側(笑)。
 そして会社側を待つも、時間になっても来ない。
 「まさかすっぽかしか?」などと思っていると、
 10分ほどだったか遅れて会社側が到着。
 会社側のメンバーは、社長と弁護士二人。
 社長はユニオン側の人数に気圧されていたらしい、が、
 その辺の空気はやはりまだまだ読めなかった(--;)


 まず、元店長の解雇についてからスタートだったのだが、
 この件については別に裁判で撤回の仮処分を求めて
 争っているため、会社側は回答の用意をしてこなかったとのこと。

 元店長への給料未払いについては、会社側は清算するべきものを
 差し引いた後、しかるべきものを支払うと回答。
 これに対してユニオン側が8月末に支払われるはずのものが
 10月になっても支払われないのはどうか、先に支払いできるのではと
 切り返すと、会社側は過払いが発生している可能性があると返してきて
 事態は動かず保留となった。

 元店長の社会保険加入については、元店長側の弁護士に聞かないと
 会社側からは返事できないと回答されたため、至急会社側に
 返事をしてもらうと言うことになる。


 そして部下の人の残業代未払い。会社側は未払いはないと回答。
 それに対してユニオン側がタイムカードを押させてない件については
 どうなのかと切り返すと、タイムカードは押してあるとの回答。
 とりあえず、会社側の分を月末までにユニオンに送らせると言うことになる。

 傷病手当については、診断書を示した示してないで紛糾。
 しかし、手続きをとると言うことで合意。


 退職勧奨については、事実確認からして平行線。相手側は全否定。
 弁護士から部下の人への聞き取りをメインに事実関係の確認が進んでいった……のだが。

 ここで、そもそも部下の人は現在も会社に雇用されている状態なのかの確認を、交渉担当者が行う。
 解雇したわけではないし、退職届を出したわけでもない。
 ならば雇用関係は継続しているはずだと交渉担当は主張。

 弁護士「(雇用関係は現在も)あると思います」
 交渉担当「「思う」って何だ! 何で明言できないんだ!」
 弁護士「あると言うことでいいですよ」
 

社長「認められません」


 ユニオン側から漏れる失笑。
 激昂し、バァン!と机を叩き勢いよく立ち上がる交渉担当。
 

交渉担当「ふざけんな!!」


 ここで、話にならないと会社側を退室させて打ち合わせさせることに。

 弁護士が明言を避けるのは、分からなくもない。
 しかし、「あると思う」と言う曖昧な言葉は事実確認への返答としては
 不適切であるし、万一そんな言葉を馬鹿正直に受け取ってしまって
 あとで「実はなかった」などと言われたりしてはたまったものではない。
 そんなことになってしまっては以後の交渉自体が全く無意味となってしまう。
 それを避ける意味でも、明言させる必要はあったし、弁護士は明言した。
 しかし、社長はそれを認められないとした。
 元店長の人から、社長のことを「紳士ぶってる独裁者」と聞いていたが、
 なるほど、メッキが剥がれて地金が曝け出された。
 「この社長は、遡って解雇した、とでも言い出すつもりか?」
 「プロが肯定したものを、素人が何をムキになって否定するのか?」
 そんなことを考えると、成り行きにハラハラしつつも笑いがつい口をついて出てしまった。

 それでもグダグダにならずに済んだのは、弁護士が冷静に
 退室しての打ち合わせを受け入れてくれたことによる。
 結局、部下の人は現在も雇用されていると言うことで双方の認識は一致した。


 嫌がらせについては、机の中身を勝手にダンボールに詰めたり
 部下の人が辞めたと周囲に言いふらしたと言うことだったが、
 会社側の返答は中身を詰めたのはレイアウト変更に伴い必要な作業であり、
 部下の人が辞めたと言いふらした事実はないというもの。
 これについては、嫌がらせをするようなことは今後もない、と
 社長から言質をとることで決着。

 給与ダウンについては、主任以上の管理職の中には大幅に下がったものもいると言う回答。
 一方的な給与ダウンだとユニオン側が突っ込むと、会社は払うと言うことで
 検討する、と言う回答を返してきた。


 そうして、今回の団体交渉については終了。次回の団体交渉の日程については未定。
 今回、相手側に対しては不誠実だなと言う印象を抱く。
 前回の団体交渉の相手に誠実な印象を抱いていたからなおさら、かもしれない。
 ・事前に連絡もなく遅刻。
 ・社長と部下の人の間にいた課長、つまり当事者を連れてこない。

 前者については、遅刻自体は私も遅刻魔だからとやかく言う気はないが、
 それでも連絡の一本ぐらい入れるのはしてもよかろうと思う。
 後者については、課長は物忘れの激しいイエスマンと言う話を聞いていたこともあり、
 ボロを出さないために連れて来なかったんじゃと邪推してしまった。


【10月某日 団体交渉】

 相手は人材派遣会社某。
 交渉内容は、契約途中での解雇に伴う契約期間の賃金支払い、
 社会保険未加入、給料のうち控除された分の払い戻しについて。

 日付と企業名をここまで伏せるのは、和解が成立した際に
 交渉について口外しないと言う規定を結んだことによる。
 万一特定されるようなことがあれば、約束を破ったものと
 見なされるらしい。


 1度目の交渉は相手側に全否定されていたと言う話が
 メーリングリストで出ていたこともあり、
 今回の交渉も荒れるのではないか、と予想していた。

 ところが、今回は蓋を開けてみればユニオンの言い分を
 ほぼ全面的に聞き入れた形の回答が提示された。
 そしてその流れのまますんなりと和解。

 20分ほどで終了したこともあり、
 私が参加した団体交渉の中では、最も短いものとなった。


 勝因はいろいろあったのだが、それもここでは言うわけにはいかない。
 それにしても、企業名をイニシャルででも出せないのはもどかしい(苦笑)
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

緑城雄山

  • Author:緑城雄山
  • 【概略】
    40歳、男。
    趣味はTRPG他ゲーム。

    市民団体「名も無き市民の会」幹事

    【性格】
    気まぐれな自由人。

    【Twitter】
    @midorinojou

    【MSN】
    invincible_ro@hotmail.com

    【mixi】
    id=275239
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
トラックバックリスト
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2ランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに参戦。
クリックの御協力を!
RSSフィード
QRコード
QRコード
blogranKing.net
ブログ内検索
あし@
gremz
星が見える名言集100
アゲハ時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
金魚♪
??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??