FC2ブログ

ネトウヨ風味のヌルオタ、緑城雄山のチラシの裏

かつてなく最低な議員候補

【自民党】 丸川珠代氏、新宿区役所前で顔面蒼白 転入届提出遅れで投票できず…過去3年間“選挙に行っていない疑惑”も

所詮人気取りのための神輿であって、
どうでもいいと言えばどうでもいいこと、だったのだが、
神輿の中身が抱腹絶倒ものであったので、敢えて筆を執ってみた。


234 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/07/17(火) 08:30:14 ID:8xsSZsXY0
タイゾー以下だな

308 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/07/17(火) 08:38:46 ID:23Mv0LP30
>一昨年の衆院選や4月の統一地方選も投票していないことまで発覚。

はあ?そもそも政治に興味あんの?売名?

894 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/07/17(火) 09:48:29 ID:wynlWAt30
丸川 珠代
「認めたくない現実」2005-01-03 号
http://122.200.201.84/column/tamayo_marukawa/20050103.html

さて、お休みしている間に総選挙があり、
日本の政界地図は大きく塗り替えられました。
アメリカではハリケーンの襲来によって、
社会の暗部が浮き彫りになりました。
いずれも、私にとっては認めたくない現実を
突きつけられた出来事でしたが、
まず今回は、総選挙とその後について、
一選挙民としての思いをお伝えしたいと思います。

もっとも認めたくない現実は、
小泉チルドレンと呼ばれる新人議員の一人、
杉村太蔵議員のことです。

当選直後、杉村議員は、グリーン車が無料になることを喜んだり、
早く料亭に行きたいと言ったり、国会議員になって得られる特権や、
得られるであろう経験を、無邪気に喜びました。

そこに国民の負託を受けた責任の一片でも感じていれば話は別だったのですが、
責任の重さには言及せず、それが彼の未熟さと映りました。多くの常識ある大人たちは、
彼の国会議員としての自覚のなさに、がっかりしたようです。
しかし、彼のような26歳がいることも日本の現実なのです。
彼自身がフリーターやニートの気持ちがわかる、というのなら、
そういう人の中には、彼のように権利と義務についての認識が希薄な人や、
社会に対する想像力に乏しい人が、多いのかもしれません。
あるいは、大人社会のルールが身についていないため就職できない、
という可能性も考える必要がありそうです。



さらに彼女はこう続ける。

為政者はもちろん、教育関係者や、一般の大人たちは、彼を未成熟と切り捨てる前に、あの程度の想像力や成熟度しか持ち合わせていない若者が、この国にはどのくらいいるかを心配したほうが、よいのではないか、という気がするのです。なにしろ国会議員は苟も国民の代表なのですから。




杉村太蔵のような26歳(当時)がいる一方で、
丸川珠代のような36歳がいる、と言うことか。

住民票を何処に出しているか、現住所での投票権があるかないかを
把握できないなんて、国会議員になって無邪気に歓喜するよりも
「社会に対する想像力に乏しい」と思うのだが、如何なものだろうか。

ましてや、杉村議員をダシにフリーターやニートに対して
「大人社会のルールが身についていないため就職できない、
という可能性も考える必要がありそうです」などと
言ってのけるに至っては憤りを禁じえない。

彼女の世代が社会に出たのはバブル華やかなりし頃のはず。
一方、私や杉村議員は就職氷河期と言われる中で、
社会に出ざるを得なかった世代である。
そうした時代による状況の変化にも、また、現在の労働における
過酷な状況にも想いを巡らすことなく、軽々しくこんなことを言える人物には、
決して国政に携わる議員なんかになってもらいたくない。



さて、My Last Fightの朝魚氏が先月下旬に、
空疎な特別対談 丸川珠代さん&安倍晋三総理(共産党との比較リンク付)と言う
記事で、安部との対談を全掲載した上で彼女を切って捨てている。

氏の諒解を頂いたので、対談を全て転載してみる
(強調、注釈:緑城)。


 安倍総理 丸川さんは、今回、私の美しい国づくりをお手伝い頂くために、国政への挑戦を決意してくれました。本当に嬉しく思っています。まずは国政にかける丸川さんの決意をお聞かせください。

 丸川珠代さん 私は母子家庭で育ちました。母が医師をしていたため、幸いにも不自由なく暮らすことができました。アナウンサーという素晴らしい仕事につくこともできました。これも母が収入のほとんどを私の教育につぎ込んでくれたおかげです。
 その母があるとき病気になりました。そのとき以来、母と祖母は二人で助け合う生活を余儀なくされました。二人の頼りは年金と私の仕送りでした。そのとき初めて、私は未来へのあてどない不安を感じました。もし私が病気になったら、母と祖母はどうやって暮らしていくのだろう。(※1)幸いにも私はここまで、家族を支えられるだけの仕事と、健康に恵まれました。でもそれがかなわず、なお不安を背負う人たちが、東京には少なくありません。
 これまでの幸運に、母の教育に、この国に感謝しているからこそ、与えられたこの機会に、私はそのお返しをしたいと思い、今回国政を目指そうと決意しました。

 安倍総理 未来は開かれています。(※2)子どもたちの世代までが、自信と誇りを持てる国づくりのために、いま自民党は新しい挑戦を始めています。丸川さんは自民党の挑戦をどう捉えていますか。

 丸川さん 批判ならメディアにいてもできます。政策を練るなら大学に戻ってもできるでしょう。法案を問うだけなら野党でもできます。でも今まさにこれから生まれようとする法案に、変わろうとする価値観に、少しでも私の熱い思いを反映するなら、政権与党の真ん中にその声を届けるしかない。だから私は自民党からの挑戦を決意しました。「日本人でよかった」誰もがそう思える国をつくることができるのは、やっぱり自民党だと思います。(※3)

 安倍総理 誰に対しても開かれ、誰もがチャレンジできる社会へ、この国が直面する課題にたじろぐことなく、新しい時代を切り開く政治が求められています。人口減少の局面でも、イノベーションの力があれば、きっと成長できます。努力する人にもっと多くのチャンスがあれば、社会はもっと元気になります。(※4)国や地方の無駄を徹底的に削減すれば厳しい財政状況はきっと抜け出せます。人間性と創造性をはぐくむ教育制度ができれば、この国の将来はきっと明るくなります。そんな日本を私はつくりたい、そう思っています。丸川さんの目指す日本とはどんな国ですか。

 丸川さん 私はこの国に生まれ、この国に育てられたことに感謝しています。日本は、時代ごとに社会のひずみや、解決の難しい問題を抱えてきました。けれども、日本は、全ての国民が保険に入り、高い教育を受け、すぐれたモノづくりの力を持っています。(※5)それを支えているのは目の肥えた消費者、つまり私たちひとりひとりです。どんなに安くても、使う人の気持ちになって、手を抜かずモノをつくり、サービスを提供する。(※6)それこそが日本人の心意気です。だからこそ、日本は世界から信頼を得てきたのだと思います。そんな日本の良さを大切にしつつ、母や祖母のような年金で暮らす人も、私のように働く女性も、将来に希望のもてる国を創るために働きたいと思います。

 安倍総理 日本の未来を信じる人のために、額で汗して努力する人のために、新しい時代を切り開く政治を、自民党は実行します。(※7)丸川さんも全力で戦い抜いて、「美しい国づくり」の一員になってください。期待しています。

 日本人でよかった。
 丸川珠代さん 前テレビ朝日アナウンサー
 1971年1月19日兵庫県生まれ
 1993年3月 東京大学経済学部卒業
 趣味 海や山で自然に触れること(ダイビングやスキーなど)
 長所・短所 良くも悪くも正直者で素直。そそっかしい一面も。納得してから一歩一歩前へ進む。
 好きな言葉 感謝、我が道を行く
 尊敬する人物 母、祖母
 好きな色 赤
 苦手なもの ピーマン、ししとう、テニス、幽霊
 よく行く場所 新宿御苑




如何だろうか。

「批判ならメディアにいてもできます」の言葉通り、
彼女は杉村議員を批判してのけた。
それも、選挙権が無く、投票に行っていないにもかかわらず、
「一選挙民」を名乗り、である。

さらに、彼女は国政への「熱い思い」があると言うが、
「熱い思い」まで行かずとも、多少なりとも政治に関心があれば
今年の4月だって都知事選があったのだし、こんな事態にはならなかったはずだ。
そう考えれば、彼女が語る「熱い思い」が如何程のものであるかは、想像に難くあるまい。

今回の事態とこの対談とを比べてみれば、彼女の言葉が
如何に空疎で、軽薄で、虚飾とさえ言えるものか、鮮明であろう。



ちなみに、続報はこちら。

【自民党】 「珠代、涙がでちゃう―」 丸川珠代氏(36)、片山さつき衆院議員に抱きつき、号泣…武蔵小山駅前

参議院選挙でのタレント候補擁立は今に始まったことではないが、
それにしても今回のこれは、あまりにだらしなく、酷過ぎる。


対談への注釈については、長くなってきたので追記にて解説したい。
※1:働き手が何らかの事情で働けなくなれば、その家庭は途端に
 生活が不可能なレベルの困窮に陥る、と状況を認識しているが故の
 想像であると言える。
 少なくとも、この想像の中では生活保護制度のような本来あるべき
 セーフティーネットは蚊帳の外であるか、充分に機能してはいないと思われる。


※2:何を以って斯く言うか。小一時間は問い詰めてやりたい。
 「大企業や財界にとって」と言うならその通りかも知れないが。


※3:根拠無しとしか言えない。
 心身を病んだ末に、年間3万人も自殺していくような社会を作った自民党を、
 そんな風に思えるのが、私には理解できない。


※4:寡聞にして、自民党が採ってきたあるいは採ろうとしている政策の中で、
 日本の社会をこのようにするために有効な政策を私は知らない。


※5:朝魚氏のところでも指摘されているが、それを壊してきたのが
 小泉・安部によって構造改革・規制緩和路線を進んできた自民党である。
 保険料が払えないからと言って国民健康保険証を取り上げられる、
 親がリストラされるなどの経済的事情で進学を諦めざるを得なくなる、
 団塊世代が退職するにあたって技術の継承が問題になるなどの問題は、
 正にその結果であろう。


※6:ダイソーなどの100円ショップが雨後の筍の如く何処にでも
 店を開いている状況を鑑みれば、国民の一人一人が目の肥えた消費者である、
 もしくはそれにふさわしい消費活動をしているとは到底言えまい。

 価格が安いことと製品やサービスの質が高いことは本来両立し得ず、
 それが両立しているように見えるのは何らかの方法でコストを
 不当に削減している可能性が高い。
 特にサービス残業や偽装請負など、不法な手段で労働者に負担を強いて
 本来負担するべき人件費を削減している例は枚挙に暇が無い。
 こうしたことさえ見抜けない辺り、やはり彼女に政治家としての
 資質があるとは到底思えない。


※7:額で汗して努力する人のための政治をしたいにもかかわらず、
 主にそうした層を直撃することになる消費税の増税が囁かれるのは、
 また、株などの不労所得に対する課税を強化しないのは、何故なのだろうか。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

緑城雄山

  • Author:緑城雄山
  • 【概略】
    40歳、男。
    趣味はTRPG他ゲーム。

    市民団体「名も無き市民の会」幹事

    【性格】
    気まぐれな自由人。

    【Twitter】
    @midorinojou

    【MSN】
    invincible_ro@hotmail.com

    【mixi】
    id=275239
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
トラックバックリスト
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2ランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに参戦。
クリックの御協力を!
RSSフィード
QRコード
QRコード
blogranKing.net
ブログ内検索
あし@
gremz
星が見える名言集100
アゲハ時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
金魚♪
??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??