FC2ブログ

ネトウヨ風味のヌルオタ、緑城雄山のチラシの裏

【1・26】 早稲田大学&WAM前、署名および抗議活動 そして驚愕の法案!

26日は30分ほど遅れながらも、
早稲田大学&WAM(女たちの戦争と平和資料館)前での
署名および抗議の該当活動に参加してきた。

何故この日かと言えば、「連続セミナー第6回 朝鮮半島 「在日コリアンのたどってきた足跡」 
身近な国際貢献:日本に暮らす外国人に接して世界を見よう」なるセミナーが開かれるのに
合わせて、とのことなのだそうだ。


当日の状況については、既にYouTubeとニコニコ動画に
動画がアップされているので、そちらを御覧頂ければ幸い。
特にニコニコ動画版は、コメントが面白いことになっているので、
この動画を観るためだけにアカウントを取る価値はあるw





それにしても、クリスチャンと言う宗教者が嘘を撒き散らすなど許し難いことである。
いや、キリスト教を隠れ蓑に反日活動に勤しんでいると言うべきだろうか。
今回、抗議活動のメンバーは料金を支払って入館しようとしたのだが、
何故かそれすらも拒否されてしまった。
桜井氏の「朝鮮邪教信徒」と言う言葉は、そんな経緯から来ている。
嘘を撒き散らし、我らが父祖を貶める。まさに邪教の所業ではないか。
カルトで反社会的という意味では、オウムと何ら代わりはしない。
この施設が垂れ流す嘘については、入場料ほどの価値があるか怪しいけれども、
いつか検証しなくてはならないし、検証したいと思う。

なお、セミナーについては参加した方にお聞きしたところ、
詐欺的な内容を取るに足りないレベルで垂れ流しており、
ことごとく質問をぶつけて論破してきたとのことだった。


しかし、そのセミナーにおいてトンデモな法案が進められている事実が発覚!
その名も、「外国人住民基本法」!!


サムネイルをクリックすると、元のサイズで御覧頂ける。
外キ協ホームページなるサイトに全文と解説があるので
追記部分に引用してみたが、正直言ってこれは酷い。
条文については外国人の権利は赤文字行政の義務は青文字で、
そして解説については私のツッコミを緑文字在日韓国・朝鮮人について触れている部分は太字としてみた。

そこからわかるのは、条文が見事に赤文字と青文字に分かれることから、
この法律が外国人の権利行政の義務とをしか規定していない、
甘ったれた内容であることがまず1つ。
そして、解説で在日韓国・朝鮮人およびそれに類する言葉が度々登場することから、
外国人と言いつつ「誰のための法律か」が明確であるのがもう1つ。

日本国の内からの破壊を目指す在日や極左勢力による工作活動の総仕上げ」(Doronpaの独り言様より)と言われても仕方がないところであろう。
ちなみに、この法案を支持している国会議員は民主党の円より子とのこと。

Doronpaの独り言様は、油断はならないと警鐘を鳴らす。

確かにこのトンデモ法がそう簡単に成立するとは思えませんが、外国人参政権や人権擁護法案が初めて公にされたとき「こんな法案なんか通るわけない」と大多数の人が思っていたことを忘れてはいけません。今や民主党・公明党の左翼勢力の暗躍によって法案はいつ通ってもおかしくないところまで来ています。


外国人参政権や人権擁護法案もさることながら、こんなトンデモ法についても
注意深く警戒しておかねばならない、と言うことか。


なお、次回は2月9日12時よりの、民団本部前の抗議活動に推参する予定。
こんな無茶苦茶な法案を考えるまでに図に乗っている在日を牽制する意味でも、
ここできっちり声をあげ、叩いておかなくてはならない。
以下、概要を引用。

2月9日(土)12:00~14:00
民団本部前で年金問題・外国人参政権問題・在日特権問題などへの抗議活動

主催:在日特権を許さない市民の会
協賛:主権回復を目指す会
    外国人参政権に反対する会
    NPO外国人犯罪追放運動
集合場所:民団本部前
       http://www.mindan.org/min/min_map.php

在日の総本山で日本国民側が初めての大規模抗議活動を行います。
この活動には一人でも多くの方の参加を呼びかけたいと思っています。
当日は在特会会長桜井誠ほか各団体の主だったメンバーも集結し、現在日本で数々の問題を引き起こしている元凶民団に対して大規模な抗議活動を行います。
これ以上在日たちの横暴を許さないために日本国民の断固とした姿勢を在日側に示すべく、当日お時間のあります方はぜひ現地に足をお運びください。「ただ見にきた」というだけでも結構です。今、日本で何が起こっているのかをご自身の目で確認してほしいと切に願う次第です。
もちろんのことながら警察当局への許可申請など安全には最大限の配慮をして活動を行いますが、自らの身は自らで守るという原則でご参加ください。また、当日は主催者・協賛側の指示に従って節度をもって行動するようにお願いします。
なお、都合によりどうしても当日ご参加いただけない皆さまには、この民団本部前での初めての大規模抗議活動を各所にて一斉に告知いただき、一人でも多くの国民が抗議活動に参加できるようにご協力をお願いいたします。


日本の将来を守るためにも、出来る範囲で構わないので、
この抗議行動への皆様の御協力をよろしくお願い申し上げる次第m(__)m

   第1部 一般的規定

 第1条(目的と定義)

 ①この法律は、外国人住民の人権と基本的自由および民族  

  的・文化的独自性を保障し、外国人住民と日本人住民とが 

  共生する社会の構築に資することを目的とする。

 ②この法律の適用において「外国人住民」とは、在留資格、 

  滞在期限その他在留に伴う条件の如何に関係なく、日本国 

  籍を保持することなく、日本国内に在住する者をいう。

 第2条(権利享有と保護の平等)

①すべて外国人住民は、その国籍、人種、皮膚の色、性、民 

  族的および種族的出身、ならびに門地、宗教その他の地位 

  によるいかなる差別も受けることなしに、日本国憲法、国 

  際人権法およびこの法律が認める人権と基本的自由を享有  

 する権利を有する。

②すべて外国人住民は、いかなる差別もなしに、この法律に 

  よる保護を平等に受ける権利を有する。


 第3条(国および地方公共団体の義務)

①国および地方公共団体は、この法律が認める権利をすべて 

  の外国人住民に保障するために、立法、行政および司法、 

  財政その他必要な措置をとらなければならない。

②国および地方公共団体は、人種主義、外国人排斥主義、お 

  よび人種的・民族的憎悪に基づく差別と暴力ならびにその 

  扇動を禁止し抑止しなければならない。

③国および地方公共団体は、すべての外国人住民に、この法 

  律が認める権利の侵害および差別的行為に対し、裁判所そ 

  の他の国家機関によって効果的な保護および救済措置を受 

  ける権利を保障しなければならない。 


第1部 日本には、現在150万人を越える外国人が生活しています。戦争の結果日本に住むことになった在日韓国・朝鮮人をはじめ、留学生や仕事で日本に来ている人たち、国際結婚をした人たち、また旅行目的の一時的な滞在者など、本当に様々です。

 この基本法の目的(第1条)は、外国人を「管理」するための法体系をあらため、こうしたすべての外国人についての「人権」を保障することです。

 現在の日本の法律では、日本での滞在の目的や、滞在を許可された期間に応じて、活動の自由は大幅に制限されています。また、日本で生活するための滞在許可が得られない外国人、許可された期限が切れてしまった外国人については、病院での治療を拒否されるなど、生きていくための最低限の権利さえ奪われがちです。国連などが定める国際人権法では認められているのに、日本では認められない権利がたくさんあるからです。

(第1条からして、出入国管理に関して無知としか思えない。
 出入国管理には防犯、防疫、経済保護の役割があり(Wikipedia参照)、
 これらの「管理」をしなければ、何処の国でも混乱が生じることになる。
 そのためにも、出入国者の公正な管理は必要なのである)


 この基本法の作成にあたっては、「国際人権規約」や「人種差別撤廃条約」「難民条約」「外国人の権利宣言」など、国連が採択した、また日本政府が加入した人権に関する条約、そして日本がまだ批准していない「移住労働者の家族とその権利条約」などが参考にされました。

 日本社会が国際化を実現し、人権先進国となるためには、日本がまだ批准していない国際的な人権に関する条約の批准を積極的にすすめていく必要があります。

 第3条では国と自治体の責任について述べています。現在法務省の下に人権擁護局や外国人相談所などが設けられていますが、外国人の権利を守るためには、まったくといっていいほど役だっていません。例えば外国人が裁判を受けようとすると、きちんとした通訳がつかないために、しばしば本人に不利な判決を受けてしまいます。本当に外国人の権利を守れるような組織を国や自治体が作ること、また外国人に正当な裁判を受ける権利を保障することなど、一貫した外国人政策が必要です。

(このような問題に対しては、既存の人権擁護局や外国人相談所の強化で済むこと。
 わざわざ新しく法律を制定するようなことではない)


 第2部 出入国および滞在・居住に関する権利

 第4条(滞在・居住権の保障)

①すべて外国人住民は、法律が定める正当な理由および適正な

  手続きによることなく、その滞在・居住する権利を制限もし

  くは剥奪されない。

②すべて外国人住民は、何時でも自由に出国し、その滞在期限

  内に再入国する権利を有する。

③外国人住民で、旅券を所持できない者は、日本国外の旅行に

  必要な証明書の交付を受ける権利を有する。

 第5条(永住資格)

①永住資格を有する外国人住民の子孫は、申請により永住 

  資格が付与される。

②外国人住民の子として日本国内において出生した者は、 

   申請により永住資格が付与される。

③日本国籍者または永住資格を有する外国人の配偶者で、 

   3年以上居住している外国人住民は、申請により永住資 

  格が付与される。

 ④外国人住民で引き続き5年以上居住している者は、申請 

  により永住資格が付与される。

 第6条(恣意的追放の禁止)

①すべての外国人住民は、法律が定める正当な理由および 

  適正な手続きに基づく決定によることなく日本国外に追 

  放されない。

②追放決定の当該外国人住民は、自己の追放に反対する理 

  由を提示し、当該事案の再審査を受ける機会と裁判所の 

  決定を求める権利を有する。

③永住資格を有する外国人住民は、いかなる理由によって 

  も追放されることがない。

 第7条(家族の再会と家庭の形成)

  すべて外国人住民は、日本においてその家族構成員と再 

  会し、家庭を形成し維持する権利を有する。


 第2部 第2部では、出入国の権利と日本に在留する権利についてあつかっています。日本では在日韓国・朝鮮人などには永住資格を認めていますが、現在の日本の永住資格は、「永住権」とは呼べない不完全なものです。たとえば、日本の永住資格を持った人たちが海外旅行などで一時出国した場合には、法務大臣の裁量によって与えられる「再入国許可」が必要とされているのですが、時として法務大臣はこの再入国許可を出さないことがあるのです。1980年代には、指紋押捺を拒否した人たちに法務大臣が再入国許可を出さなかったため、海外に留学した在日二世の女性が永住資格を失うという事件も起こっています。

(在日韓国・朝鮮人の永住資格は、特別永住者資格であり、通常の永住資格ではない。
 それでも通常の永住者より退去強制の条件などにおいて優遇されていたりするなど、
 通常の永住資格に対して一方的に不利であるとは言えない。
 他の外国人に対する差別的な特権付与であり、法の下の平等に反すると言う指摘もある。
 なお、在日二世の女性については、再入国許可が必要であれば
 指紋押捺を拒否しなければいいだけ、と思うのは私だけであろうか)


 第5条では、こうした大きな問題がある現在の永住資格を、ほぼ日本国民と同じ権利をもつ「永住市民権」のようなものにしたうえで、一定期間の日本での生活を条件として、申請により自動的に永住資格が得られるようにしようとするものです。現在の制度では、何が永住資格の許可基準かはっきりしてないうえ、実質20年以上も継続的に日本で生活していなければ、永住資格は得られないのです。

(日本国民と同じ権利がほしければ、帰化すればよろしい。
 永住資格については、Wikipediaを確認した限りでは、
 ・10年以上在留(我が国への貢献が認められれば5年以上)
 ・素行善良
 ・生計維持能力
 ・健康状態
 ・身元保証人
 以上が必要とされているが、言葉は曖昧にせよ、
 はっきりしていないとは言えず、また、年数においても齟齬がある。
 特別永住者資格については、これらの条件は省かれているだけ
 優遇されていると言えるのである)


 第6条は退去強制についてです。在日韓国・朝鮮人が日本で暮らすことになった経過を考えれば、おかしなことですが、現在の法律では、たとえ在日であっも、一定以上の有罪判決を受ければ、法務大臣の判断によって国外に強制退去させられてしまうのです。そこでこの基本法では、永住者にはこの強制退去を適用しないことにしました。

(「たとえ在日であっも」の言葉に、在日の特権的な立場が現れている。
 出入国管理及び難民認定法第24条に規定される退去強制事由が適用されないだけ
 特別永住者は優遇されている。ちなみに、特別永住者が強制退去される事由として、
 ・内乱罪や外患誘致罪クラスの犯罪で禁固刑以上に処せられる。
 ・外国の元首、使節、公館に対する犯罪で禁錮刑以上に処せられ、かつ法務大臣が
  (外務大臣と協議の上)日本の外交上の重大な利益が損なわれたと認定する。
 ・無期又は7年を超える懲役又は禁錮に処せられ、かつ法務大臣が日本の重大な利益が損ねられたと認定する。
 以上しか存在せず、しかもこの事由が適用された例は存在しない)


 第7条の背景には、オーバーステイなどで強制退去させられた外国人の親子が離ればなれになり、入管法の壁に阻まれて長期間再会できないという非人道的なケースが頻発している事情があります。日本も批准した「子どもの権利宣言」には、親子の再会の権利が明記されていますが、政府は外国人住民の家族再会と家庭構成の権利を認めようとしていません。そのため、家族の再会の権利を明記し、保障しようというものです。

(そもそも、オーバーステイしなければいい、と思うのは私だけだろうか?
 仮に再開させるにしても、その場所が日本である必要はないはず)


 第3部 基本的自由と市民的権利および社会権

 第8条(基本的自由・市民的権利)

  すべて外国人住民は、日本国憲法および国際人権法が保

  障する基本的自由と市民的権利、とくに次の自由と権利

  を享有する。

  a.非人道的な、または品位を傷つける取り扱いを受け

   ない権利及び生命、身体の自由と安全についての権利。

 b.日本国の領域内において自由に移動し居住する権利、

    ならびに日本国を自由に離れ、かつ戻る権利。

  c.刑事上の罪および民事上の権利と義務の争いに関す

    る決定のため、公平な裁判所による公正な裁判を受

ける権利、とくに自己の理解する言語によって裁判

    を受ける権利。

  d.私生活、家族、住居もしくは通信に対して恣意的に

    もしくは不法に干渉されない権利。

  e.思想、良心の自由についての権利。

f.宗教の自由、とくに習俗によってこの自由が侵され

    ない権利。

  g.意見を持ち自由に表現する権利。

  h.平和的に集会し、結社する権利。 

  i.直接に、または自由に選んだ代表者を通じて政治に

    参与し、公務に携わる権利。

  j.いかなる国籍も自由に取得し離脱する権利。

 第9条(経済的・社会的権利)

  すべて外国人住民は、日本国憲法および国際人権法が認

  める経済的、社会的および文化 的権利、とくに次の諸

  権利を日本籍住民と等しく享有する。

  a.労働、職業選択の自由、および労働条件ならびに同

    一労働同一賃金に対する権利。

  b.住居についての権利。

  c.緊急医療、保健衛生および社会的サービスに対する

    権利。

 d.社会保険および社会保障に対する権利。

  e.教育を受ける権利。

  f.研修及び訓練を受ける権利。

  g.文化活動に参加する権利。

  h.一般公衆の使用を目的とする施設またはサービスを

    利用する権利。

i.財産を所有し自由に処分する権利。 

 第10条(特別措置の保障)

 すべて外国人住民は、第8条および前条の権利享有を達

  成するために必要な特別措置を求めることができる。

 第11条(公務につく権利)

 永住資格を有する外国人住民は、日本の公務につく権利

  を有する。

 第12条(社会保障・戦後補償に対する権利)

  すべて外国人住民は、日本国民に適用される社会保障・

  戦後補償の関連法律の施行時に 遡及して平等に適用を

  受ける権利を有する。
   

 第3部 この第3部は国際人権規約などが定める外国人の権利についての他、公務員就任権、社会保障・戦後補償を受ける権利についてもそれぞれ明記しています。

 外国人の人権をめぐる日本の現状は、こうした国際的な人権基準を再確認する必要性を感じさせます。 

 たとえば第8条C項にかかわる部分では、刑事事件での取り調べが当事者の理解できない言葉で行われ、黙秘権や弁護士選任権なども知らされないままに「自白調書」が作られて起訴された事件が、裁判の過程で問題化したケースもあり、潜在的な人権侵害の多さが想像できます。

 また第9条a項でも、在日韓国・朝鮮人に対する就職差別はいまだに残されていますし、移住労働者はその不安定な在留資格のゆえに不当な低賃金で働かされています。b項も同様です。もしあなたに留学生の友人がいるなら、留学生が日本でアパートを探すことが、日本人よりはるかに難しいことを教えてくれるでしょう。

(不当な低賃金で働かされているのは、移住労働者ばかりではない。
 また、留学生のみならず日本人のワーキングプアも住居を探すことについては
 同じように困難な状況に置かれていることを指摘しておく)


 第10条は、これらの権利を実質化させるために、アファーマティブ・アクションなどでの「結果としての平等」の保障を求めることが出来る、としたものです。

(法で無理矢理「結果としての平等」を保障すると言うことは、
 その法で保護されない日本人が犠牲を強いられると言うことでもある。
 それは「外国人が暮らしやすい社会は日本人にも暮らしやすい!」と言う文言と
 明らかに相反するものである)


 第11条は、永住資格を持つ外国人に、地方公務員や公立学校の教諭として働く権利を保障するものです。政府はこれまで外国人住民が公務員として働く権利を認めてこなかったため、公務員や公立学校で働く外国人は、ほんの一握りに過ぎません。現在でも外国人の採用を全く認めない自治体が20%もあるなど、採用に制限を設けている自治体かほとんどです。公立学校でも教諭としては採用されず、常勤講師としての採用にとどまっています。

(全体の奉仕者たる公務員を、日本国民とするのは当然のこと。
 そうでなければ、日本における国家主権、国民主権の概念が阻害されてしまう)


 第12条では、生活保護制度や年金制度など、これまで外国人が排除されたり、権利が制限されてきた社会保障制度について、日本国民と平等の権利を認めています。さらに現在日本国民のみを対象として在日韓国・朝鮮人などが排除されてきた戦傷病者戦没者遺族等援護法などの戦後補償法について、それぞれの法律の施行された時点にさかのぼって適用が受けられるよう定めています。生活保護法や年金制度においても、外国人への著しい不利益を解消しようとするものです。

(社会保障については、日本に在留する外国人の社会保障に対して第一に
 責任を負うのは、その本国であると司法は判断している。
 また、外国人への保護はその外国人が所属する国家への主権侵害とも
言えるのではないか、と言う指摘もある。
 なお、生活保護に関して言うならば、厚生労働省平成16年度の統計によると、
 外国人生活保護受給者の約7割が在日であり、在日の生活保護率は5%で
 日本国民の1%と比べて5倍にもなっているという。これでは、とても
 外国人に著しい不利益があるとは言えない)


    第4部 民族的・文化的および宗教的マイノリティの権利

 第13条(マイノリティの地位)

  すべて外国人住民は、国際人権法が保障する民族的、文

  化的および宗教的マイノリティの地位を有する。

 第14条(マイノリティの権利)

  すべて外国人住民は、国際人権法がマイノリティに保障

  する権利を個人的におよび集団的に、とくに次の諸権利

  を享有する。

  a.自己の文化を享有し、自己の宗教を信仰し、かつ実

    践し、及び自己の言語を使用する権利。

  b.自己の言語、文化、歴史及び伝統について教育を受

    ける権利。

  c.前項(a)及び(b)の権利を享有するために必要

    な活動に参加し、団体を結社し維持する権利。

  d.自己の民族的・文化的および宗教的独自性の維持と

    発展に関連する国および地方公共団体の意思決定に

参加する権利。

  e.民族名を使用する権利


 第15条(国及び地方公共団体の責務)

  国及び地方公共団体は、外国人住民の民族的・文化的お

  よび宗教的独自性を保護し、外国人住民がその独自性を

  維持し発展させるために必要な立法、行政、財政その他

  必要な措置を取る責務を有する。


 

第4部 現在日本政府は、国内の外国人住民を、自由権規約が規定するマイノリティと認めていません。しかし、これは国連の規約人権委員会の意見と真っ向から対立するものです。第13条は、この点で規約人権委員会と同じ立場をとります。

 第14条では、日本国内において著しく制約されている民族教育を受ける権利や、民族名を名のる権利について明記しています。現在の教育制度では、在日韓国・朝鮮人のみならず、急増している新渡日の人々の子どもたちにも、多文化・多言語教育を保障していくことは困難です。また、韓国系・朝鮮系の民族学校についても、一般の私立学校に対する1割程度しか補助金のおりない各種学校扱いですし、国立大学のすべてと私立大学の約40%は、これら民族学校からの受験資格を認めていません。民族名を名のる権利についても、民族名を名のったために学校でいじめられたり、就職活動の際に通名の使用を採用の条件とされるなど、日本社会において民族名を使用することには、さまざまな制約が伴います。こうした日本社会の在り方を変えていくための具体的な措置が求められているところです。

 また第15条では、帰化した在日韓国・朝鮮人や、父母のどちらかが在日である日本国籍を持つコリアンマイノリティを含めて、外国人住民のマイノリティとしての権利を保障していくために、民族教育の保障と促進など具体的な取り組みをすすめる責任が、まず国と自治体にあることを明記しています。

(ちゃんとした民族教育を受けたければ祖国に帰るなり留学するなりすればよろしい。
 また、何でもかんでも国や自治体の責任にすればよいと言うものではない。
 文部科学省が国内の学校と同じように権限を行使できる対象であるかどうかさえも
 論じることなく、学校としての扱いが劣ると言われても主張の正当性は判断できない。
 それに、民族学校が存在する韓国人は他の民族に比べれば恵まれているし、
 全ての民族のために民族教育の場を用意するなど言い出したらきりがなくなる)


   第5部 地方公共団体の住民としての権利

 第16条(住民の地位)

  すべて外国人住民は、地方自治法第10条が認める地方

  公共団体の住民として、「日本国民たる住民」と平等な

  権利を享有し、負担を分任する。

 第17条(住民として登録する権利)

  すべて外国人住民は、住民基本台帳に基づ く住民登録を

  する権利を有する。

 第18条(サービスの提供を受ける権利)

  すべて外国人住民は、住民としての生活を営むために必

要な、自己の理解する言語による情報を含む、方公共団

体のサービスを受ける権利を有する。

 第19条(自治の参加)

  すべて外国人住民は、地方公共団体の意志決定及び地域

  社会の住民活動に参加する権利を有する。

 第20条(政治的参加)

  地方公共団体に引き続き3年以上住所を有する外国人住

  民は、地方自治法が住民に保障する直接請求並びに解散

  及び解職の請求についての権利を有する。

 第21条(参政権)

  永住の資格を有し、もしくは引き続き3年以上住所を有

  する外国人住民は、当該地方公共団体の議会の議員及び

  長の選挙に参加する権利を有する。


第5部 この基本法では、日本に住む外国人を、地域住民という観点から捉えていますが、こうした観点から外国人の権利を考えるとき、自治体の果たす役割を軽視することはできません。外国人は、日本国民ではなくとも、自治体の「住民」であることに変わりないからです。

 現在、日本籍住民は「住民基本台帳法」によって自治体に登録されますが、外国人住民は国が直接管理したうえで、その事務作業のみを自治体に委任しています。外国人住民にも課税対象者として負担を負わせておきながら、住民としてのサービスが充分なされないような現在のシステムは改める必要があります。登録に必要な項目は、住民としての正確な記録として、住所・性別・生年月日・出生地・国籍などで充分であり、現行の外登法にある勤務先の名称や住所、また外国人登録証の常時携帯義務などは廃止すべき不要な制度です。(もちろん、現在の戸籍・戸籍付票・住民票による日本人管理のあり方にも大きな問題があります。)

(そんなに課税対象者として負担を負わされるのが嫌ならば、祖国に帰ればよい。
 「「日本国民たる住民」と平等な権利を享有」したければ、繰り返しになるが、
 帰化して日本国籍を取得するべきだからである。
 外国人は自治体の住民であろうとも、「日本国民でない」ことは忘れてはならない)


 1995年、最高裁判所は永住権を持つ外国人住民が地方参政権を行使することは憲法に違反しない、と判決しました。このことは、外国人住民が地方参政権を持つことが出来るかどうかは、法律の立案を任務とする国会の問題、つまり投票権をもつ一人ひとりに委ねられた問題であることを意味しています。

   第6部 外国人人権審議会

 第22条(審議会の設置)

  国及び地方公共団体に、この法律の実施に伴う諸問題を

  審議する機関として「外国人人権審議会」(以下「審議

  会」と称する)を設置する。

 第23条(審議会の権限)

 ①国に設置される「審議会」は、この法律の実施に伴う諸

  問題を審議し、必要な事項について関連政府機関に勧告

  する。

 ②地方公共団体に設置される「審議会」は、この法律の実

  施に伴う諸問題を審議し、必要な事項について地方公共

  団体の長に勧告する。


第6部 これまで見てきたように、ここに提案されている基本法は、国や自治体の外国人政策について、法の目的を含めて、総合的かつ根本的な変革を求めるものです。当然のことながら外国人住民の日本での生活全般が対象となるわけですから、関係する省庁も多岐にわたります。国際人権法が求める人権規準を踏まえたうえで、こうした新たな法律を実施していく場合に起きてくる問題に対処するため、外国人人権審議会の設置が提言されています。外国人についての法律を審議するのですから当然審議員の過半数は外国人として、外国人の意思が直接反映される形にしなければなりません。こうした審議会として、川崎市ではすでに「外国人市民代表者会議」が設置されており、具体的な答申を市政に対して行っています。

(「人権審議会」の審議員の外国人について、何処の国の外国人をどう選出するのか、
 また、この審議会は何処の省庁によって管理監督されるのかが不明瞭など、
 現在まさに問題になっている”人権擁護法案”と同じ構造が透けて見える)


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

緑城雄山

  • Author:緑城雄山
  • 【概略】
    40歳、男。
    趣味はTRPG他ゲーム。

    市民団体「名も無き市民の会」幹事

    【性格】
    気まぐれな自由人。

    【Twitter】
    @midorinojou

    【MSN】
    invincible_ro@hotmail.com

    【mixi】
    id=275239
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
トラックバックリスト
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2ランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに参戦。
クリックの御協力を!
RSSフィード
QRコード
QRコード
blogranKing.net
ブログ内検索
あし@
gremz
星が見える名言集100
アゲハ時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
金魚♪
??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??