FC2ブログ

ネトウヨ風味のヌルオタ、緑城雄山のチラシの裏

これは見事な工作員ですね

先日、敗北宣言、乙!でネタにした人物が
またとんでもないメールを某サヨクMLに投稿してきたので、晒しておく。
もうね、中国共産党の工作員としか思えないわ……。


人民日報をソースにすること自体どうかとは思うのだが、
チベットに農奴制が存在したことは、軍事板常見問題様の
◆◆◆歴史@チベットFAQも肯定している(ただし、拷問云々については不明)。

 【質問】
 中国軍が占領する前のチベットに農奴制があったっていうのは事実なの?

 【回答】
 事実だよ.
 中国侵攻前のチベットが
識字率10%未満,
平均年齢36歳,
かなり酷い農奴制の祭政一致国家
っていう暗黒国家だったのは否定し得ない現実.

 まあ,中国のチベット統治は輪をかけて悲惨なので,中国を擁護する気にはならないが,正直「楽園チベットに侵攻した悪逆非道な中国軍」つってる連中は,当時のチベットを幾らなんでも美化し過ぎ.

軍事板

▼ 大正時代にチベットに留学した青木文教『秘密国チベット』(芙蓉書房出版,1995.12)によると,産業は原始的な農業,牧畜のみで工業はほぼ絶無,
 食料の自給も出来ず,ブータンから輸入してたような状況だったそうだ.
 もし中国に併合されず独立したままだったとしても,未だ最貧国だっただろうことは間違いないだろう,

軍事板


なお、識字率については別の質問への回答で「何語についてか不明」と疑義が示されている。

 【質問】
 中共はチベットの教育水準を引き上げた,というのは事実なの?

 【回答】
 大正時代にチベットに留学した青木文教『秘密国チベット』(芙蓉書房出版,1995.12)によると,当時のチベットには普通教育機関は寺子屋みたいなのがあったくらいで,後は貴族の子弟が通う学校が何個かあった程度,
 男尊女卑も酷くて,女子にはほとんど教育つけなかったようで,日本で言えば戦国時代のレベル,
 中国の主張していた識字率10%未満というのも恐らく事実だろう,

(ただ,その識字率10パーセント未満と言うのが漢字の識字率なのかチベット文字の識字率なのかは,ちょっと気になる(笑)
 国民5~6人に一人が坊さんだった国で,識字率10パーセント未満だと,字の読めない坊主だらけじゃん)

 だからそれに比べればマシだとは言えるだろうが,現在の中国占領下でも愚民化政策の影響で,チベット人の12才以上の文盲率は,中国側の発表でも男子61.39%,女子87.22%と異常に高い.
(何語についての数字なのかは,こちらも不明)

(以下略)


しかし、先の質問でも「中国のチベット統治は輪をかけて悲惨」とあるし、
以下のような質問&回答も存在している。

 【質問】
 チベットでもともとすごく生活レベルの低い土地だから,占領されてもされなくてもあんま変わらなかったんじゃないの?

 【回答】
 占領される前は,
解放軍に食糧掠奪されたり,
気候土地に合わない作物無理矢理作らされて当然凶作になって餓死者が続出したり,
味噌糞一緒に収容所で拷問されたり殺されたり
することはなかったよ.

 中共サイドにいたはずのパンチェン・リンポチェやプンツォク・ワンギェルにさえ批判されるんだから,そういうこと.
 史上最低の支配者>毛沢東

世界史板


なるほど、確かに中国はチベットを旧支配者の封建支配から脱却させたのかも知れない。
しかし、これでは中国が新しい、そしてより過酷な封建支配の主となっただけではないか!


さて、その次がまた凄まじい。

ネトウヨは「中国共産党のチベット侵略だーキーキー」と言うのであれば「薩長の大和侵略だー、キーキー」とはなぜ言わないのだろうか?


「薩長の大和侵略」とは明治維新のことを指す、としか解釈しようがないのだが、
そうだとすれば2つの点で無茶苦茶なものだとしか言いようが無い。

まず1つ。チベットは実質上も名目上も、中国共産党の支配下にはなかった。
一方、日本では徳川も薩長も一貫して天皇の支配下にあったのである。
すなわち、明治維新は政治のイニシアティブを誰が取るかの政争と考えるべきであり、
「大和侵略」などと言う言葉は実態に即さないのである。

もう1つ。チベットでは中国が民衆に対して過酷な弾圧を行っている。
一方、明治維新において薩長が庶民に過酷な弾圧を行ったと言う話は
寡聞にして聞いたことがない。

真っ当に物事を判断できる方なら、このような違いをわざわざ説明するまでもなく
「チベット侵略」と「明治維新」は全くの別物と判断できるはずである。
……つーか、30年近く生きてきて「薩長の大和侵略」なんてはじめて聞いたぞ……。
およそ真っ当な日本人の発する言葉とは思えない。


……次の論点に行こう。

チベット地区に居住する民衆達を対話の相手としていかねばならない。

これは、「民衆」を「チベット人」としなくてはなるまい。
既に漢人の流入によって、漢人とチベット人の人口比率は逆転してしまっている。
そこで「居住する民衆」を相手としてしまっては、けっきょく中国の思い通りになってしまい、
対話の意味が全く存在しなくなるではないか。


さて、次。

その結果新政権がダライ・ラマの帰国を要求するのであれば、バチカンのような形であくまで宗教の政治的関与がなされないように極狭い地域でのチベット自治政府とは別の自治権を認めたうえで(もちろん人権条項と非武装はあたりまえ)チベット仏教のバチカンを作っても良いと思う。

何ぞこれー。
「新政権がダライ・ラマの(指導者的立場を期待して)帰国を希求しても、
ダライ・ラマが新政権に関与するのは許さない」と言っているも同然ではないか。
そもそも、バチカン市国の成立は宗教の政治的関与を避けるためではなく、
イタリア王国と教皇庁の領土問題における和解条件によるものである。


これで最後。

あくまで宗教指導者は宗教指導者として存在しなくてはならない、そうしたら仏教僧がデモをして民衆を煽ると言うこともなくなるだろうが、仏教の考え方って政教分離の考え方にはなじまないのだろうか。聖職者の団体にデモの資格がないとは言わない、しかしそうした聖職者は聖職者の資格を放棄したと言わざるを得ない。



まず、デモではないけれども政治活動を行っている、
この動画の1:14付近に登場する僧侶達にその台詞を仰って頂きたい。
そして何よりも、この言葉は最優先で創価学会の池田大作にこそ向けられるべきものではないか!

……と、強く述べたところで、このエントリーの締めとしたい。あー疲れた。

以下は人民日報の記事である。

http://j.peopledaily.com.cn/2008/04/01/jp20080401_86157.html より。
============================================================
西蔵の歴史はこう主張する(1)苛酷な封建農奴制

 西蔵(チベット)の拉薩(ラサ)で発生した極少数の不法分子による暴行・破壊・略奪・放火に対して、偏見を持った海外のメディアと人々は、西蔵の人権状況を、事実を顧みずに非難している。だが西蔵の歴史を振り返れば、ダライが統治していた封建農奴制時代の西蔵で、政治がいかに腐敗し、いかに遅れた生活が送られていたかがわかる。

 封建農奴制時代の西蔵では、人口の5%に満たない官僚・貴族・上層寺院が、ほぼ全ての土地・草原・山林と大部分の家畜を所有し、人口の95%以上を占める農奴や奴隷に対して非常に残酷な統治を行っていた。重い労役と厳しい税金のほか、目をつぶしたり手や足を切り落としたりする残酷な刑罰もあった。封建農奴制時代の西蔵において「人権」とはすなわち官僚・貴族・上層の僧侶の人権であり、農奴の持ち主は農奴の賃貸・譲渡・担保化・贈呈をする圧倒的な権力を握っていた。これら血まみれの歴史は、旧時の西蔵における封建農奴制社会の罪悪の本質と劣悪な人権状況を告発し、封建農奴制のもとで多数の農奴が人権を完全に剥奪され世界の最下層として生活していたことを証明している。(編集MA)

http://t-t-japan.com/blog2/2008/04/02/0401-0002.jpg
上記URL写真キャプション:両目をつぶされた農奴(左)。民主改革で、農奴主の罪を告発した。農奴主は重い石の帽子を農奴にかぶせ、石でたたくことによって目玉を飛び出させ、さらに刀で目玉をえぐったという。右上は刑罰用のむち、右下は指を挟む刑罰道具。
============================================================
このことが事実であることは否めない、中国編入以前はチベットは宗教拷問国家であったことは確かだろう。チベットの封建からの脱却はかなり遅れていたのだ。中国共産党にしてみれば大地主を本土で倒し、チベットの封建貴族や僧侶たちを追い出し、ひとつの封建からの脱却を成立させただけのことである。

ネトウヨは「中国共産党のチベット侵略だーキーキー」と言うのであれば「薩長の大和侵略だー、キーキー」とはなぜ言わないのだろうか?

しかし、だからと言って思想弾圧や宗教弾圧は徹底批判されるべきであることには間違いがない。
実は亡命チベット政府の存在が、私には危険を感じさせるし、ダライ・ラマ14世にしてもあまりの政治的な介入へは不快感さえ否めない。正直宗教指導者としては失格である。

宗教指導者はあくまで宗教的な指導者であってしかるべきであり、自治を求めるとか独立を求めるとかそのどちらにしても民衆を宗教指導者が扇動すべきではない。ガンジーは宗教家ではあるが同時に政治指導者である、ガンジーは宗教指導者としての権威はない。しかしダライ・ラマは宗教的指導者として歴然とした権威なのである、この自覚が必要でこの自覚のない限り万が一チベットが独立したときには寺院が政治におおいに関与してくることは容易に予想される。

宗教指導者の役割はあくまで宗教的な指導に限られるべきだと考えている。
バチカンの法王がアイルランド紛争に政治的な介入をしていたら大変なことになっていただろう。

民主国家といわれる国でも教会の政治的影響力の大きい国はもちろん存在する。フィリピンなどがそうだろう、かの無血革命はフィリピンの枢機卿のラジオ放送の影響は否めない、がしかし、シン枢機卿は国民和解を説き、暴力を戒める方向で発言を繰り返し、露骨な反政府活動は行わなかったのであって。マルコス政権へ対しデモ武力弾圧弾圧への自重を求めたものである。

民衆への発砲命令を受け、フィリピン軍は銃を民衆に向けた、このときに民衆の前に立ちたてとならんとしたのがカトリックのシスター達である、現地の軍指揮官は修道女に発砲することが出来なくて無血革命は達成されたのだ。

宗教者のあり方とは本来こうしたものであり、僧侶が政治デモを行う等と言う事態はダライ・ラマはいさめねばなるまい。

しかし、ダライ・ラマの発言には政治的なものが多く、政治活動と受け取られても仕方のないものがある。あるいは亡命チベット政府の大地主どもに利用されているのかもしれないが、であればなおさら慎重であって欲しいと願う。

一方、中国政府の過剰な弾圧には目を覆わんばかりのものがある。これに対しては大きな声で糾弾すべきであろう。

こうしてみると、これは宗教対立でも民族対立でもない、中国政府と亡命チベット政府の利権争いである。中国は圧倒的戦力を有している立場からも大いに自制し、チベット民衆との対話をこそを第一に自治権の拡大も含め、民主的チベット自治政府(正当な一般民主選挙による)の設立に向けて積極的に行動すべきである。その際ダライ・ラマと亡命チベット政府は無視しても良い。ダライ・ラマや亡命チベットが対話の相手とするから中国は間違えてしまうのである。

チベット地区に居住する民衆達を対話の相手としていかねばならない。ダライ・ラマを担ごうとする連中や亡命チベットを担ごうとする連中の動きを監視し、彼らは宗教や民族を利用し私利の為に煽っているだけであることを見抜いておかねばならない。

方法は色々あるのだから、、、。
新しい民主政府が誕生したとしたら西側や亡命チベットの元大地主たちは結託して「中国の傀儡政権」と批判するだろうから、国連から大規模な選挙監視団を受け入れて、人権条項を条件に選挙を行えばよい。

その結果新政権がダライ・ラマの帰国を要求するのであれば、バチカンのような形であくまで宗教の政治的関与がなされないように極狭い地域でのチベット自治政府とは別の自治権を認めたうえで(もちろん人権条項と非武装はあたりまえ)チベット仏教のバチカンを作っても良いと思う。

どうも亡命チベット政府をそのままの形で帰国を望むチベット庶民はいないように思う

あくまで宗教指導者は宗教指導者として存在しなくてはならない、そうしたら仏教僧がデモをして民衆を煽ると言うこともなくなるだろうが、仏教の考え方って政教分離の考え方にはなじまないのだろうか。聖職者の団体にデモの資格がないとは言わない、しかしそうした聖職者は聖職者の資格を放棄したと言わざるを得ない。

スポンサーサイト



コメント
中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」(博士の独り言)
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-54.html
2008/04/02(水) 22:39 | URL | 名無し #-[ 編集]
723 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2008/04/07(月) 17:00:51 ID:y0UW9rmz
暇だったので再び創価学会本部(3353-7111)に電話してみた。

25 チベット問題で何か動きはないか
創 対話を通して世界平和に貢献していく
25 対話してないが
創 している
25 「悪を看過するものも悪だ」と池田先生はおっしゃっているようですが
創 そのとおりだ
25 今、看過しているが
創 そんなことはない
25 池田先生は昔チャウシェスク大統領との関係をアピールしていたが、今はその過去はなかったことになっている
創 いいえ
25 でも、HPでは出てこない
創 何を載せるかはこちらの判断だ
25 じゃあ、中国との関係がイメージダウンになると判断したら、これまでの関係もなかったことになるのか
創 あなたには関係ない
2008/04/08(火) 22:27 | URL | 名無し #-[ 編集]
中国共産党の五輪ボイコットの歴史

1956年 メルボルン五輪 選手団が現地に到着後にボイコット(理由は台湾問題)
1960年 ローマ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1964年 東京五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
■■開会式当日にあわせて核実験強行■■
1968年 メキシコ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1972年 ミュンヘン五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1976年 モントリオール五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1980年 モスクワ五輪 ボイコット(理由はアフガン問題)

2008年 北京五輪 「オリンピックと政治を結びつけるな」
2008/04/09(水) 08:50 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

緑城雄山

  • Author:緑城雄山
  • 【概略】
    40歳、男。
    趣味はTRPG他ゲーム。

    市民団体「名も無き市民の会」幹事

    【性格】
    気まぐれな自由人。

    【Twitter】
    @midorinojou

    【MSN】
    invincible_ro@hotmail.com

    【mixi】
    id=275239
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
トラックバックリスト
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
FC2ランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに参戦。
クリックの御協力を!
RSSフィード
QRコード
QRコード
blogranKing.net
ブログ内検索
あし@
gremz
星が見える名言集100
アゲハ時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

UNIVERSAL CENTURY(宇宙世紀)
金魚♪
??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??